初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介 Vol.1】エガン・ベルナル

コロンビアの若き至宝

Embed from Getty Images

エガン・ベルナル(Egan Arley Bernal Gómez)

所属チーム:チーム・イネオス

国籍:コロンビア

生年月日:1997年1月13日

脚質:クライマー・オールラウンダー

 

主な戦歴

ツール・ド・フランス

 総合優勝(2019)

ツール・ド・スイス

 総合優勝(2019)、ステージ1勝(2019)

パリ~ニース

 総合優勝(2019)

ツアー・オブ・カリフォルニア

 総合優勝(2019)、ステージ1勝(2019)

コロンビア選手権 個人タイムトライアル

 優勝(2018)

ツール・ド・ラブニール

 総合優勝(2017)、ステージ2勝(2017)

 

どんな選手?

ツール・ド・フランス2019を22歳の若さで制覇した、コロンビア出身のクライマー。

 

2017年に若手の登竜門として名高いツール・ド・ラブニール(23歳以下のみ出場可能)を制して頭角を現すと、2018年もその勢いのままにツアー・オブ・カリフォルニア総合優勝など、21歳のワールドツア1年目の選手としては規格外の活躍を見せつける。

2019年もパリ~ニース総合優勝、ツール・ド・スイス総合優勝と、前年の活躍が決してフロックではないと証明。

そして何と、弱冠22歳で世界最大のステージレースであるツール・ド・フランスでも総合優勝してしまった!

 

選手としての特徴は、クライマー大国であるコロンビア出身らしい抜群の登坂能力と、2018年にコロンビア選手権の個人タイムトライアルを制した独走力の両立。

一般的に、独走力を得るためには高い出力を出すための筋肉量が必要であり、筋肉量が多い=体重が増えると坂を登るには不利になってしまう。

しかし彼の場合は、登坂能力は現役最高クラス、独走能力も準トップクラスと、かなり高いレベルでそれを両立できている。

近年のグランツールツール・ド・フランスを含む三大ステージレース)で総合優勝争いをする選手はこの2つの能力を両立しているケースが多いが、22歳の若さ(多くの選手はワールドチームではなく下のカテゴリーに所属している年齢)でこれだけ高いレベルで両立できているというのは本当に凄い事である。

 

さらに特筆すべき点は、22歳とは思えない冷静な判断力と成熟したメンタリティを持っている事。

リスクを負ってでも勝負を仕掛ける場面と無理せず自分のペースで走る場面の判断が、素人目に見ても抜群に良くてそれが結果にも表れている。

レース後のインタビューなどでもただ単純に質問に答えるだけではなく、自分の言葉で考えを伝えようとしているのがよく分かる。

本当に自分の10歳下なのかと思うぐらい、冷静で知的でカッコいい。

ポディウム(表彰台)で見せるあどけない表情やピースサインとのギャップは微笑ましいけど(笑)

Embed from Getty Images

 

まだ若手のはずなのに、世界最高クラスの能力を有していて隙がない。

今後10年(それ以上?)、ロードレース界を背負って走るであろう選手である。

 

個人的には、自分が初めてリアルタイムで観戦したパリ~ニース2019で総合優勝した選手なのでとても思い入れがあり、一番の推し選手。

是非ツール・ド・フランスの5勝クラブ入り(ツール・ド・フランスを5回総合優勝した選手は過去4人しかおらず、いずれも伝説的な選手であり「5勝クラブ」と呼ばれ称えられている)を達成して欲しい。