初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.5】ナイロ・キンタナ

山岳を翔けるコロンビアの英雄

Embed from Getty Images

選手名:ナイロ・キンタナ(Nairo Alexander Quintana Rojas)

所属チーム:チーム・アルケア・サムシック

国籍:コロンビア

生年月日:1990年2月4日

脚質:クライマー

 

主な戦歴

ツール・ド・フランス

 総合2位(2013、2015)、山岳賞(2013)、通算ステージ3勝(2013、2018、2019)

ジロ・デ・イタリア

 総合優勝(2014)、通算ステージ3勝(2014 × 2、2017)

ブエルタ・ア・エスパーニャ

 総合優勝(2016)、通算ステージ2勝(2016、2019)

・ティレーノ・アドリアティコ

 総合優勝(2015、2017)

ツール・ド・ロマンディ

 総合優勝(2016)

・ボルタ・ア・カタルーニャ

 総合優勝(2016)

 

どんな選手?

圧倒的な登坂力とその実績から、コロンビアの英雄と謳われるピュアクライマー。

 

2010年に若手の登竜門として名高いツール・ド・ラブニールを20歳で制覇、2012年にワールドチームであるモビスター・チームに移籍し才能がさらに開花し勝利を重ねる。

そして2013年、自身初めてのグランツール(3大ステージレース)出場となったツール・ド・フランスでいきなり総合2位に入賞

2014年には弱冠24歳でジロ・デ・イタリア総合優勝を果たし、ツール・ド・フランスを制するのも時間の問題かと思われたが、そこに最大のライバルであるチーム・スカイ(現チーム・イネオス)のクリス・フルームが立ち塞がる。

ツール制覇を至上命題として、強力なアシストを従えた豪華布陣で臨む最強王者フルームの壁は厚く、キンタナも自慢の登坂力であと1歩のところまで追いつめるも僅かに届かなかった(ツール2015では1位フルームと2位キンタナのタイム差はたったの1分12秒)。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016ではフルームを抑え総合優勝を飾りリベンジを果たしたように、決して個人の力では大きく遅れを取っているわけではないが、チーム力の問題もありツールではフルームの3連覇(2015~2017)を許してしまう

 

そんな状況の中、2018シーズンからはキンタナ自身が不調に陥ってしまい、調子の悪い日は得意のはずの山岳ステージでもズルズルと後退する姿を見せるようになってしまった。

2018年も2019年もツール・ド・フランスでステージ優勝を飾るなど、調子がいい日は他の選手を圧倒する軽快な登坂を見せるのだが、調子が安定しない事には総合優勝は望めない。

一説にはチーム内での不仲が不調の原因とも囁かれ、そんなキンタナの姿をファンは期待と不安が入り混じったような感情で見守っていたが、2020年に向けてキンタナは大きな決断をする。

それは、8年間在籍し輝かしい実績を残してきたモビスター・チームから移籍する事。

しかも、スペイン籍のワールドチーム(最上位カテゴリーのチーム)から、フランス籍のプロチーム(ワールドチームより1ランク下のカテゴリー)であるチーム・アルケア・サムシックへの移籍という、誰もが驚愕する大決断だった。

幸いにも、モビスターから同郷の盟友ウィナー・アナコナを引き連れて移籍することができた上に、弟のダイエル・キンタナも同チームへの移籍が叶った。

ツール・ド・フランスへの出場権も、無事にワイルドカード(招待枠)で勝ち取ることができた。

2020シーズンは既に2つのステージレースに出場し、そのどちらでも山岳ステージを圧倒的登坂力で勝った上での総合優勝を飾り、移籍した判断が間違いでは無かったと証明する事が出来た。

そこで見せた、山岳をまるで平地のように軽々と登っていく姿は、正にファンが望んでいたキンタナそのものだった。

Embed from Getty Images

「ボクはコンドルと呼ばれているけど、まだまだ高く飛べる」と語るキンタナ。

ファンは待っている。

あなたがツール・ド・フランスでまた羽ばたく姿を。

それも、ステージ優勝のような小さなものではなく、総合優勝争いの中でその圧倒的な登坂力を見せつけて、高々と飛んでいくのを待っている。

 

※2020年12月26日追記

上述の通り2020年シーズンのキンタナは、ワールドツアーではないもののシーズン初頭の2つのステージレースで総合優勝して、好調ぶりをアピール。

3月のパリ~ニースでも、落車による遅れの為に総合優勝には届かなかったものの、クイーンステージである第7ステージでは見事にステージ勝利を飾る。

並み居る強力なライバルを一発で置き去りにするその圧巻のクライミングは、ここ数年のイマイチなイメージを払拭するには十分なもので、この時点ではツールの総合争いでも戦える予感がしていた。

 

しかし、新型コロナウィルスの影響による中断期間中の7月3日、思わぬアクシデントがキンタナを襲う。

弟のダイエルと共に公道でトレーニングをしていた際、2人を後方から追い抜こうとした自動車がキンタナと接触、キンタナは転倒して右膝と肘を負傷してしまったのだ。

幸い骨折などの大きなケガは無かったものの、コンディションに一抹の不安を抱えたままシーズン再開を迎える事となった。

 

ツール前哨戦の1つであったツール・ド・ランでは、ツールの2大優勝候補であるプリモシュ・ログリッチとエガン・ベルナルに続いての総合3位となり順調かと思えたが、続くクリテリウム・ドゥ・ドーフィネでは膝の痛みのために第5ステージ途中でリタイアと、やはり万全ではない様子が伺える状態でツールに突入する事に。

それでもツール序盤~中盤は安定した走りを見せ、第14ステージ終了時点ではトップのログリッチから1分12秒遅れの総合5位と、総合優勝も充分狙える順位をキープ。

しかし、逆転の為の勝負所の一つであったはずの第15ステージ、超級グラン・コロンビエール峠の中腹で膝の痛みが再発してしまい、チーム・ユンボ・ヴィスマが刻むハイペースについていけずに集団から大きく遅れてしまった。

結局この日、キンタナは3分50秒ものタイムを失い総合9位に転落、その後のステージでもズルズルと順位を落としてしまい、最終的に総合17位でのフィニッシュとなった。

 

キンタナの膝の痛みが再発したのはツール第13ステージで落車していたのが原因だったようで、ツール終了後に膝の状態を再度検査したところ、膝蓋骨の骨折が判明して手術を受ける事に。

勿論これにより、この時点でキンタナの2020年シーズンは終了となった。

 

シーズン序盤は調子が良かっただけに、7月の事故によるケガが本当に悔やまれる形となってしまった2020年のキンタナ。

2021年シーズンこそは、万全の状態であの軽やかで圧倒的なクライミングを披露して欲しい。

何だかピークを過ぎたベテランのような雰囲気を醸し出しているが、2021年シーズン中に31歳となるように、まだまだ老け込むような年齢ではない。

グランツールレーサーとして今一度輝く姿を、多くのファンが望んでいる筈だ。