初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【初心者向け用語解説 Vol.5】特別なジャージ ~チャンピオンジャージとリーダージャージ~

君のジャージは

ロードレース中継を見ていると、各チームの色とりどりのジャージがよく印象に残ると思います。

少し慣れてくるとジャージの色でチームを判別し、例えば集団から飛び出した選手に対して「あのアスタナの選手は誰だ?」「今集団の先頭にいるのはボーラの選手たちか」なんて思う事もあると思います。

そして、どのチームのジャージとも違う特別なジャージを着た選手がいるという事に気が付いたでしょうか?

中継で言及されることも結構ありますが、その意味を知らない内は「どのチームの選手か分からない・・・」と混乱してしまう要素でもある特別なジャージについて解説していきたいと思います。

 

ナショナルチャンピオンジャージ

世界選手権、国内選手権、それぞれの優勝者の証、それがナショナルチャンピオンジャージです。

世界選手権に優勝するとマイヨ・アルカンシェルという虹色のジャージが贈られます。

Embed from Getty Images

※世界選手権3連覇を達成し、アルカンシェルを3年間も身に纏い続けたペテル・サガン

 

国内選手権だと国旗のデザインをあしらったジャージになります。

Embed from Getty Images

※日の丸のデザインが入ったジャージを着用している新城幸也選手

 

このチャンピオンジャージは翌年の同じ大会までの1年間、全てのレースで着用できます。

また、過去に優勝経験がある場合、袖口に虹色や国旗の色のラインを入れることもできます。

Embed from Getty Images

※右袖に虹色のラインが入っているミハウ・クフィアトコフスキ(2014年世界選手権優勝者)

 

リーダージャージ・特別賞ジャージ

 ナショナルチャンピオンジャージと違い、そのステージレースの期間中のみ着用するのがリーダージャージと特別賞ジャージです。

 

リーダージャージは総合順位が1位の選手が着用し、そのレースを象徴する存在として扱わます。

特にグランツール(3大ステージレース)では各レースのモチーフカラーとなっていて、ゲートや看板など各所にその色が使われています。

 

特別賞ジャージは何種類か存在し、主に

  • スプリントポイント(ゴール時と中間チェックポイント通過時に順位に応じて加算)が最多の選手が着用する「ポイント賞ジャージ」
  • 山岳ポイント(山頂通過時に順位に応じて加算)が最多の選手が着用する「山岳賞ジャージ」
  • 25歳以下の選手で総合成績が最上位の選手が着用する「ヤングライダー賞ジャージ」

などがあります。

 

リーダージャージも特別賞ジャージも、各レースごとにデザインが異なります。

グランツールを例にすると

ツール・ド・フランス

ジロ・デ・イタリア

  • リーダージャージ(マリア・ローザ)ピンク色
  • ポイント賞ジャージ(マリア・チクラミーノ)紫色
  • 山岳賞ジャージ(マリア・アッズーラ)青色
  • ヤングライダー賞ジャージ(マリア・ビアンカ)白色

ブエルタ・ア・エスパーニャ

  • リーダージャージ(マイヨ・ロホ)赤色
  • ポイント賞ジャージ(マイヨ・プントス)緑色
  • 山岳賞ジャージ(マイヨ・モンターニャ)青い水玉模様
  • ヤングライダー賞ジャージ(マイヨ・ビアンコ)白色

このように、ヤングライダー賞以外は違う色になっています。

Embed from Getty Images

ツール・ド・フランス2019表彰式での各ジャージの着用者。ヤングライダー賞ジャージは中央のベルナルが総合1位と同時受賞のため、左手に持っています。

 

観戦時のジャージ活用

どのジャージも慣れてくると選手の判別にとても役立ちます

そもそもの話として、1919年のツール・ド・フランス「総合1位の選手が誰なのかパッと見て判別できるように」とマイヨ・ジョーヌが作られたのが始まりらしいので、当然と言えば当然の話ですね。

いすれにしても、チャンピオンジャージもリーダージャージ・特別賞ジャージも、着用しているのはそれ相応の実力者になります。

レースの中心となるこれらの選手に注目しながらレースを楽しんでみましょう!