初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.15】アレハンドロ・バルベルデ

不屈の闘志で東京五輪を狙う大ベテラン

Embed from Getty Images

選手名:アレハンドロ・バルベルデ(Alejandro Valverde Belmonte)

所属チーム:モビスター・チーム

国籍:スペイン

生年月日:1980年4月25日

脚質:オールラウンダー・パンチャー

 

主な戦歴

 ・ブエルタ・ア・エスパーニャ

 総合優勝(2009)、総合2位(2006、2012、2019)、総合3位(2003、2013、2014)、ポイント賞(2012、2013、2015、2018)、ステージ通算12勝

ツール・ド・フランス

 総合3位(2015)、ステージ通算4勝

ジロ・デ・イタリア

 総合3位(2016)、ステージ1勝

・世界選手権 個人ロードレース

 優勝(2018)

リエージュ~バストーニュ~リエージュ

 優勝(2006、2008、2015、2017)

フレッシュ・ワロンヌ

 優勝(2006、2014、2015、2016、2017)

クラシカ・サンセバスティアン

 優勝(2008、2014)

・スペイン選手権 個人ロードレース

 優勝(2005、2018、2019)

 

どんな選手?

グランツール(3大ステージレース)を制する総合力と、ワンデーレースでも多くの勝利を積み重ねるアタック力を併せ持ち、15年以上もの長期間エースとして第一線で走り続ける偉大な大ベテラン。

 

2002年にスペインの名門ケルメでプロデビューをして、翌2003年には23歳の若さでブエルタ・ア・エスパーニャで3位入賞を果たし、更には世界選手権の個人ロードレースでも2位に入賞する。

2005年にはケス・デパーニュ(現モビスター・チーム)に移籍、ツール・ド・フランスにも初めて出場し、残念ながら途中リタイアとなるもステージ1勝を上げてしっかりと結果を残した。

2006年はそのパンチャー的な脚質を活かしてフレッシュ・ワロンヌリエージュ~バストーニュ~リエージュで優勝を飾り、ワンデーレーサーとしての能力の高さを発揮。

以後、起伏のあるアルデンヌ系のクラシックでは常に優勝候補として挙げられる存在になる。

2009年にはブエルタ・ア・エスパーニャで終始安定した走りを見せ、遂に念願の総合優勝を飾り、ワンデーレースでもステージレースでも世界トップクラスの能力を有すると証明して見せた。

 

この時点で29歳と、選手として脂がのる時期に入っていたバルベルデだが、ここで大きな苦境に立たされる。

2010年の5月、ドーピング問題により、スポーツ仲裁裁判所から2010年1月1日から2012年1月1日までの2年間の出場停止処分が下されてしまったのだ。

これにより、2010年の記録はすべて剥奪され、バルベルデは2年間の空白の期間を過ごす事となってしまった。

 

そして出場停止明けの2012年、1月のツアー・ダウンアンダーでブランクを感じさせない走りを見せつけ、いきなりステージ1勝を上げ、総合1位と同タイムの総合2位に入賞する。

シーズン終盤にはブエルタ・ア・エスパーニャでも総合2位、世界選手権でも3位に入賞するなど、その力は全く衰えていなかった。

その後も、ワンデーレースではフレッシュ・ワロンヌでの2014年~2017の4連覇リエージュ~バストーニュ~リエージュも2015年と2017年に勝利など、持ち前のパンチ力に益々磨きがかかったような走りを披露(フレッシュ・ワロンヌ通算5勝は歴代最多、リエージュ~バストーニュ~リエージュ通算4勝は歴代2位)。

グランツールでも2015年にツール・ド・フランスで3位、2016年にジロ・デ・イタリアで3位に入り、全てのグランツールで表彰台を経験する総合力と安定感を見せた。

 

しかし、2017年のツール・ド・フランスバルベルデに再び苦難が訪れる。

ドイツのデュッセルドルフで行われた第1ステージの個人タイムトライアルで、雨に濡れた路面でスリップして柵に激しく激突してしまい、膝蓋骨の骨折などの重傷を負ってしまったのだ。

当時37歳のバルベルデにとっては引退の危機さえあるレベルの大きなケガだったが、大都市デュッセルドルフだったために適切な早期対応が可能だった事と、市内に勤めるスペイン人看護師が現場に居合わせるという奇跡的な幸運が重なり、そしてもちろん本人の懸命なリハビリとチームのサポートもあり、バルベルデは2018年シーズン開幕に間に合う程の驚異的な回復を見せた。

そして迎えた2018年シーズン、序盤のアブダビ・ツアーやヴォルタ・ア・カタルーニャで総合優勝するなど骨折の影響を全く感じさせない走りを披露。

そしてシーズン終盤、今まで2位2回・3位4回とあと一歩で手が届いていなかった世界選手権で、ゴール手前で自慢のアタック力を見せて見事に優勝に輝いた。

 

念願のアルカンシェル(世界選手権優勝の証である虹色のジャージ)を身に纏って走った2019年もブエルタ・ア・エスパーニャで総合2位に入賞するなど、2020年シーズンで40歳となった今もチームのエースとして走っているバルベルデ

そんな鉄人ぶりを見せつける彼も、流石に2021年シーズン終了時での引退の可能性について言及している。

そして、その偉大なキャリアの集大成として

私の履歴書にはオリンピックのメダルが欠けている」

と、東京オリンピックのメダルを狙うと宣言。

コロナウィルスの影響で東京オリンピックは1年延期になり、当初の予定より1年先にもベストパフォーマンスを発揮できるか不安視する声もあるかもしれないが、それでもきっと問題なく彼はオリンピックを狙いにいくだろう。

1年延期ぐらいが何だというのだ。

今までだって、幾多の苦境を乗り越える姿を私たちに見せてくれたではないか。

そんな不屈のレジェンドの最後の雄姿を、しっかりと目に焼き付けたい。

Embed from Getty Images