初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

どこよりも早い!?イネオス・グレナディアーズのツール・ド・フランス出場メンバー予想

これぞ巨大戦力

明けましておめでとうございます。

2021年が始まりましたね。

このブログは新年だからといって何か変わったり、特別な事をする予定はありませんが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

挨拶もほどほどに、本題に入りましょう。

イネオス・グレナディアーズの分厚い選手層、凄いですよね。

総合のライバルとしてはチーム・ユンボ・ヴィスマ、ワンデー狙いとしてはドゥクーニンク・クイックステップなんかも巨大な戦力を抱えていますが、やはり「巨大戦力=イネオス」というイメージの方は多いと思います。

そんな強力な選手を揃えるチームならではの悩みが、大きなレース(特にツール・ド・フランス)において「誰を外すのか」という問題です。

昨年のツールでも、トリプルエースの予定だったクリス・フルームとゲラント・トーマスが不振で選外になり大きな話題となりました。

かなりの大型補強を行った今シーズンも、やはりエース候補や有力なアシストが多数いるような状況であり、昨シーズンと同じように選手選考が大きな話題になりそうです。

 

という事で、こんな早いタイミングですが、思い切ってイネオスのツール出場メンバーを予想してみたいと思います。

まぁ、正直なところ当たる気はしませんが…、「ガチ」な予想だけでなく、計4パターン考えてみましたので、新年会の余興のようなものだと思って気軽に楽しんで頂けたら幸いです。

 

※ちなみに、昨シーズンの予想と結果がこちら

www.kiwaroadrace.com

www.kiwaroadrace.com

 

第1案「ガチ」

現時点で、自分が本気で考えたメンバーがこちらです!

 

  • エガン・ベルナル(エース)
  • ゲラント・トーマス(エース)
  • ミハウ・クフィアトコフスキ(万能アシスト)
  • ローハン・デニス(山岳もこなせる平坦アシスト)
  • ヨナタンカストロビエホ(山岳もこなせる平坦アシスト)
  • リッチー・ポート(山岳アシスト)
  • パヴェル・シヴァコフ(山岳アシスト)
  • アダム・イェーツ(山岳アシスト)

 

エースは、ベルナルとトーマスというタイプの違うダブルエース体制

他にも、リチャル・カラパス、テイオ・ゲーガンハート、更には新加入のイェーツという一級戦の登坂力を備えたエース候補はいますが、登坂力ならベルナル、TT能力と経験値ならトーマスがナンバーワンだと考え、この2人に決めました。

 

万能アシストのクフィアトコフスキは今年も確定と考えていいでしょう。

昨年のツールでの走り、これまでの実績、希少な万能性と見事な献身性。

はっきり言って、彼の代わりはいません。

 

平坦アシストに関しては、人数は2人でいいのかどうか、そしてルーク・ロウを入れるかどうかを最後まで迷いました。

ロウはここまで6年連続ツール出場と、チームからの信頼度が高いのは間違いないでしょう。

ただ、2021年もユンボが主導権を握りたがるようなレース展開を仕掛けてきた場合、純平坦アシストの出番、つまりロウの重要度は下がるのではないかと考えました。

そのため、「登れる平坦アシスト」としてここ数年ツールでの実績があるカストロビエホと、2度のTT世界王者という圧倒的な平坦牽引力を有しながら昨年のジロ総合優勝を手繰り寄せる見事な山岳アシストを披露したデニスを選出しました。

デニスの代わりにフィリッポ・ガンナを入れる事も少し考えてみましたが、登坂力ではデニスにかなり分があるのは間違いないので、やはりデニスを選んでいます。

 

山岳アシストもかなり迷いました。

昨ツール総合3位のポートはほぼ確定と考えたまでは良かったんですが、残り2枠を争う優秀な山岳アシストが数多くいます。

ジヴァコフとイェーツ以外にも、エース候補でもあったカラパスとゲーガンハート、他にもアンドレイ・アマドールやダニエル・マルティネスなど、有力選手は本当に多いです。

とりあえず、カラパスはブエルタ・ア・エスパーニャ、ゲーガンハートはジロ・デ・イタリアでエースを務めると予想して除外。

残りの候補から、純粋な登坂力と安定感を主に考え、そしてイネオスからの評価を想像して、シヴァコフとイェーツを選びました

実績(そしてイネオス側の評価)を考えるとアマドールを入れたい気もしましたが、昨年のツールでイマイチだったので外しました。

また、前述のように山岳アシストを1枚削って平坦要因のロウを入れる事も考えましたが、昨年ベルナルが山岳で丸裸になっている場面が多かったため、この人数配分にしました。

 

年齢の構成比率もベテラン、中堅、若手がバランスよく配置されていて、各選手の実力も充分。

やはり、イネオスの選手層でガチな選出をすると、相当強いメンバーになりそうですね。

 

第2案「とりあえず大物選手突っ込んでおけ」

え~、ここからは「ネタ枠」です。

巨大戦力らしく、とりあえず「実績のある選手を優先して選ぶ」という雑なチョイスがこちら。

 

  • エガン・ベルナル(ツール覇者)
  • ゲラント・トーマス(ツール覇者)
  • リチャル・カラパス(ジロ覇者)
  • テイオ・ゲーガンハート(ジロ覇者)
  • ミハウ・クフィアトコフスキ(ロード世界王者)
  • ローハン・デニス(TT世界王者)
  • フィリッポ・ガンナ(TT世界王者)
  • リッチー・ポート(ツール総合3位)

…。

「強い」というだけなら、間違いなくこっちの方が強いですね…。

しかも、意外とバランスもいいんじゃないですか?

というか、ダブルエース(ベルナル、トーマス)、万能アシスト1枚(クフィアトコフスキ)、平坦アシスト2枚(デニス、ガンナ)、山岳アシスト3枚(カラパス、ゲーガンハート、ポート)と、偶然ですが構成比率が「ガチ」と同じになっていますね。

年齢の構成比もこれまたバランスがいいですし、こんな選出をする可能性も、もしかしたら…?

ここまでツール全振りで選んできたら、もうお手上げですね。

 

第3案「世代交代がトレンドなんでしょ?」

「乗るしかない、このビッグウェーブに…」という事で、ツール開幕時(予定では7月18日)に25歳以下の選手だけで選んでみましょう。

 

  • ダニエル・マルティネス(25歳)
  • エガン・ベルナル(24歳)
  • フィリッポ・ガンナ(24歳)
  • ジョナタン・ナルバエス(24歳)
  • パヴェル・シヴァコフ(23歳)
  • イヴァン・ソーサ(23歳)
  • イーサン・ヘイター(22歳)
  • トム・ピドコック(21歳)

 

おお、流石はイネオス、若手だけでこれだけのメンバーが揃うとは…。

この他にも、年齢的にはブランドン・リベラ(25歳)、エディ・ダンバー(24歳)、カルロス・ロドリゲス(20歳)が候補です。

ベルナルを筆頭にマルティネス、シヴァコフ、ソーサと一級品の登坂力を備えた選手が多くいますが、平坦要因はガンナのみと、少しバランスは悪いですね…。

このメンバー構成を見ると、イネオスの若手選手を選ぶ基準は「登れること」の優先順位が高い事が推察できます。

「TTが強い(高い出力が出せる)選手のオールラウンダー化」が主流である昨今のトレンドの真逆のような補強戦略にも見えますが、果たして近い将来どのような結果となっているか、興味深いところです。

 

第4案「英国人至上主義」

イネオス(というか旧チーム・スカイ)はイギリス人のためのチーム!(ちょっと言いすぎ?)

という事で、イギリス人だけでメンバーを組んでみましょう。

 

  • ゲラント・トーマス
  • テイオ・ゲーガンハート
  • アダム・イェーツ
  • ルーク・ロウ
  • ベン・スィフト
  • オウェイン・ドゥール
  • イーサン・ヘイター
  • トム・ピドコック

 

イアン・スタナードの引退とクリストファー・ローレスの移籍によって2人減ってしまったんですが、イェーツとピドコックが加入したお陰でなんとかギリギリ8人いました。

少しバランスは悪いかもしれませんが、トーマス、ゲーガンハート、イェーツのトリプルエースは強力ですし、脇役も意外と粒ぞろいで、思ったよりいいメンバーな気もします。

昨年はツール出場メンバーにイギリス人はロウだけでしたが、果たして今年はどうなるでしょうか。

ちなみに、前述の「ガチ」予想にはトーマスとイェーツの2人が入っています。

 

好き勝手な予想はファンの特権

ガチ1つにネタ3つ、如何だったでしょうか?

自分としては、ガチもネタもメンバーを考えるのはとても楽しかったです。

もし実際のチーム関係者だったとしたら、メンバー選考の際のプレッシャーも相当なものでしょうが、ファンは好き勝手考えられるので純粋に楽しい作業になりますね。

 

やはり、予想や妄想を楽しむのはファンの特権と言えるでしょう。

今回のようなメンバー予想、そしてもちろん順位予想やレース展開予想、更には移籍予想と色々ありますが、今年も楽しみながらやっていきましょう!

それでは、また!