初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.21】新城幸也

最前線で戦い続ける日本のエース

Embed from Getty Images

選手名:新城幸也(Yukiya Arashiro)

所属チーム:バーレーン・ヴィクトリアス

国籍:日本

生年月日:1984年9月22日

脚質:パンチャー

 

主な戦歴

ツール・ド・フランス

 出場・完走7回(2009、2010、2012~2014、2016,2017)、ステージ敢闘賞(2012,2016)、ステージ5位(2009)

 ・ジロ・デ・イタリア

 出場・完走3回(2010、2014,2020)、ステージ3位(2010)

ブエルタ・ア・エスパーニャ

 出場・完走3回(2015、2016、2019)

・世界選手権個人ロードレース

 出場12回(2007~2012、2014~2017、2019、2020)、9位(2010)

アジア選手権個人ロードレース

 優勝(2011)、2位(2016)

全日本選手権個人ロードレース

 優勝(2007、2013)

・ツール・ドゥ・リムザン

 総合優勝(2012)、総合2位(2013)、総合3位(2006,2008)、ステージ1勝(2008)

・ツール・ド・台湾

 総合優勝(2018)

・パリ~トゥール

 5位(2010)

・アムステル・ゴールドレース

 10位(2014)

 

どんな選手?

ロードレースの本場ヨーロッパで10年以上に渡って最前線で活躍を続け、グランツール(3大ステージレース)13回出場などの実績を誇る日本のエース。

その実力と残してきた実績は、別府史之と共に日本ロードレース界の二大巨頭と呼んでいいだろう。

 

沖縄県石垣島で生まれ、高校時代はインターハイに出場するほどハンドボールに熱中。

大学に進学した後にハンドボールの実業団選手になる事が目標だったが、大学受験に失敗してしまう。

このタイミングで、ロードレース競技者だった父の紹介で当時の日本ロードレース競技の第一人者である福島晋一(2003年の全日本選手権個人ロードレース優勝、現在は指導者)と出会い、福島にその才能を見込まれてロードレース選手としてのキャリアをスタートさせる。

高校卒業直後の2003年4月に福島の助力でフランスに渡り、ロードレースの本場で経験を重ね、2005年にはU23全日本選手権個人ロードレースで優勝するほどの実力を身につける。

2006年、日本初の独立プロチームとして結成したチーム・バン・サイクリングに、恩師である福島と共に所属。

U23全日本選手権では個人ロードレースと個人タイムトライアルのダブル優勝を飾り、圧倒的な実力を披露。

本場フランスのレースでも、ツール・ドゥ・リムザンで総合3位に入りその実力をアピールする。

2007年、初めてエリートカテゴリーでの出場となった全日本選手権では、個人ロードレースでいきなりの優勝を飾る。

ヨーロッパでのレースを主戦場としつつ、ツアー・オブ・ジャパンツール・ド・北海道ではステージ勝利を上げ、翌2008年もツール・ドゥ・リムザンでのステージ優勝や、ツール・ド・沖縄での完全優勝など、その実力は既に日本人としてトップクラスにある事を示し続ける。

 

2009年、これまでの活躍が認められ、遂に本場フランスのトップカテゴリー(当時)チームであるBbox・ブイグテレコム(現トタルディレクトエネルジー)と契約。

そして、契約初年度ながらいきなりロードレース界の頂点であるツール・ド・フランスに出場。

別のチームで出場した別府史之と共に日本人初となるツール完走を果たすだけでなく、第5ステージでは並み居るトップスプリンターと競り合いステージ5位に入り、その実力は世界のトップでも十分に通用すると証明して見せた。

 

2010年は、新城の実力が更に知れ渡る1年に。

ツールに続いて2つ目のグランツール出場となったジロ・デ・イタリアでは、第5ステージで逃げに乗ってステージ3位に入り、2年連続出場となったツールでは第11ステージでまたもやスプリントに絡み6位でフィニッシュ。

更には世界選手権では日本人過去最高位となる9位、その1週間後のパリ~トゥールではエースとして出場して5位と、大きなレースでの上位リザルトを連発する1年となり、別府に続いてヨーロッパでの地位を完全に確立した選手となった。

 

2012年、2年ぶりの出場となったツールの第4ステージでは、レーススタートと同時にアタックを仕掛けて逃げを形成。

残念ながら残り8km地点で捕まり逃げ切りとはならなかったが、その積極的な走りが評価されて敢闘賞を獲得。

2009年の別府に続くツールでの敢闘賞獲得だったが、別府は最終ステージだったために表彰台でのステージ敢闘賞の表彰が無く、新城は日本人として初めてツールの表彰台に上った選手となった。

 

2013年は自身2度目の全日本選手権個人ロードレース優勝を果たし、ツールには日の丸をあしらったチャンピオンジャージを着用しての出場。

2014年は、アルデンヌクラシックの一つとして名高いアムステル・ゴールドレースで10位でフィニッシュ。

2015年には初めてブエルタ・ア・エスパーニャに出場して完走し、3つのグランツール(ツール、ジロ、ブエルタ)全てで完走した初めての日本人となった(翌2016年に別府も達成)。

 

ランプレ・メリダ(現所属バーレーン・ヴィクトリアスの前身チーム)に移籍して迎えた2016は、2月のツアー・オブ・カタールで落車してしまい、シーズン早々に左大腿骨を骨折する幸先の悪いスタートとなってしまった。

しかし、新城はここから驚異的な回復を見せ、復帰戦となった6月のツアー・オブ・ジャパンでステージ優勝という驚きのリザルトを残す。

勢いそのままにツールのメンバー入りを果たすと、第6ステージで積極的な逃げを見せて4年ぶりの敢闘賞を獲得する活躍を見せる。

心配されていたオリンピックにもしっかり出場(27位で完走)して、更にはブエルタと世界戦にも出場して完走するなど、ケガをものともしない強靭さを発揮して見せた。

 

2018年にはツール・ド・台湾で総合優勝して、国外のレースで久々の勝利を上げた新城。

2020年の東京オリンピックに向けて順調かと思われたが、2019年にトレーニング中に転倒し、左肘と骨盤の骨折という重傷を負ってしまう。

オリンピックのメンバーに選出されるためには、レースに出場して(そして上位に入って)ポイントを稼がなければならず、盤石と思われたオリンピック出場は一転して黄色信号が灯る事に。

しかし、新城は2016年同様にここから驚異的な回復を見せ、6月にレースに復帰。

復帰2戦目となった全日本選手権では個人ロードレースで2位に入ってその実力をしっかりとアピールし、8月にはブエルタに出場して3週間の長丁場をしっかりと乗り切る相変わらずのタフさを披露。

2020年開幕レースのツアー・ダウンアンダーでは総合29位に入ってUCIポイントを稼ぎ、その後のレースでもしっかりポイントを積み重ねて、気が付けばオリンピック選考ポイントでは大差の1位となり、自身3度目となるオリンピック出場を内定させた。

 

名実ともに日本のトップ選手として本場で戦い続け、別府と共に文字通り日本のロードレース界を牽引してきた新城。

ここまでのキャリアで勝利は少なくても、グランツールに13回出場するほど評価される理由は、その13回出場したグランツール全てで完走する安定感とタフさが大きな要因だろう。

山岳でも平地でもエースを堅実にアシストし、そしてチャンスがあれば得意の逃げを披露する爆発力も持っていて、そして途中でリタイアしないので常に戦力として計算できるとくれば、これほど頼りになる選手はなかなかいない。

しかし、身勝手な希望かもしれないが、やはり日本のファンとしては一度大きな勝利が見てみたい。

そして新城自身も「トップ選手として活動している間に、自国でオリンピックが開催されるのはとても幸運な事」、「オリンピックの最初に開催される競技なので、メダルを取れば必ず注目され、日本のロードレース界が盛り上がるはず」と語り、東京オリンピックに向けて並々ならぬ熱意を持って挑もうとしている。

今までもその走りで日本のロードレース界を盛り上げ続けてくれた新城のキャリア終盤に現れた大きな目標、東京オリンピック

新型コロナウィルスの影響で開催されるかまだ不透明な部分もあるが、もし開催されたなら、もちろん全力で応援して、そしてその走りをしっかりと目に焼き付けたい。

チバリヨー!幸也!

Embed from Getty Images