初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.7】リッチー・ポート

自身の栄光を渇望する悲運の「元・名アシスト」

Embed from Getty Images

選手名:リッチー・ポート(Richie Porte)

所属チーム:トレック・セガフレード

国籍:オーストラリア

生年月日:1985年1月30日

脚質:オールラウンダー

 

主な戦歴

ツアー・ダウンアンダー

 総合優勝(2017、2020)、ステージ通算8勝

パリ〜ニース

 総合優勝(2013、2015)、ステージ通算5勝

・ヴォルタ・ア・カタルーニャ

 総合優勝(2015)

ツール・ド・ロマンディ

 総合優勝(2017)

ツール・ド・スイス

 総合優勝(2018)

ジロ・デ・イタリア

 新人賞(2010)

 

どんな選手?

そのダンシングを多用した特徴的な走りで、チーム・スカイ(現チーム・イネオス)の3度のツール・ド・フランス総合優勝に大きく貢献した名アシスト。

 

2010年にワールドチームであるチーム・サクソバンクと契約すると、山岳ステージも個人タイムトライアルもこなせるオールラウンドな走りを披露して、その年のジロ・デ・イタリアで総合7位となり新人賞を受賞。

2012年にはチーム・スカイに移籍し、オールラウンダーとしてどの局面でも活躍できる能力を存分に発揮する。

グランツール(3大ステージレース)では「登坂力・牽引力・献身性」を兼ね備えるアシストとして、ブラッドリー・ウィギンス(2012年)とクリス・フルーム(2013年・2015年)によるツール・ド・フランス総合優勝に大きく貢献して評価を高める。

1週間前後のステージレースではエースとして走り、パリ~ニース(2013、2015)やヴォルタ・ア・カタルーニャ(2015)といったワールドツアーのレースで総合優勝するなど、一介のアシストにはとどまらない能力を有していると証明して見せた。

 

そして迎えた2016年、今度は自身がエースとしてツール・ド・フランスで総合優勝を狙うべく、フルームという絶対的エースのいるチーム・スカイを離れてBMCレーシングチームへと移籍

2016シーズンも開始後からツアー・ダウンアンダー総合2位、パリ~ニース総合3位、ヴォルタ・ア・カタルーニャ総合4位、クリテリウム・デュ・ドーフィネ総合4位と安定した結果を残し、もはやその実力に疑いの余地は無く「打倒クリス・フルームの有力候補」としてツール・ド・フランス2016に挑む事に。

 

しかし、ここからが彼の悲運の始まりだった。

満を持してエースとして勝利を狙いに行ったツール・ド・フランス2016では、第2ステージでメカトラブルにより2分近くもタイムを失ってしまい、最終成績は総合5位。

決してそこまで悪い結果ではないが、期待値が高かっただけに「あのトラブルさえなければ…」と不完全燃焼に終わってしまった。

更にツール・ド・フランスでの悪夢は続き、2017年と2018年は2年続けて第9ステージで落車によるリタイアという、まさかの結果に終わる。

トレック・セガフレードに移籍して臨んだ2019年は3年ぶりの完走を果たすも、特に見せ場もないまま総合11位という残念な結果に終わってしまう。

この2019年は全体的に不調で、3年ぶりにステージレースでの総合優勝無し、ステージ勝利も母国オーストラリアのツアー・ダウンアンダーでの1勝のみという、とても寂しいものになってしまった。

 

結局グランツールでは表彰台に上がる事すら叶わぬまま、2020年シーズンには35歳となるポートは年齢的にもベテランと呼ばれる域に。

更に、チームはヴィンチェンツォ・ニバリという現役屈指の実績を持つ新たな総合エースを獲得する(彼もまたベテランではあるが)。

いよいよポートのチーム内での立場が危ういのかと、不安の声も聞かれる中シーズンはスタート。

しかしそんな周囲の声を跳ね返すかの如く、2020年のツアー・ダウンアンダーでは2つの山岳ステージで快走を見せ、見事に総合優勝を飾り健在をアピール。

大得意の登り坂である「ウィランガ・ヒル」で見せたダンシングを多用したクライミングは、まるで「まだまだ衰えていないぞ」と訴えかけるような渾身の走りだった。

 

登坂力もタイムトライアル能力も一級品の実力を見せ続けてきたその172cmという小さな体には、オールラウンダーとして抜群の能力が備わっていることは疑いようがない。

足りないのは僅かな運だけだと、多くの人がそう思っている。

年齢的に残されたチャンスは少ないのかもしれないが、そのチャンスを掴むだけの資格は有している筈だ。

もしツール・ド・フランスの表彰台に立つ日が来たとしても、それは決してサプライズなどではなく、「元・名アシスト」が自らの力で勝ち取ったサクセス・ストーリーとして記憶されるだろう。

Embed from Getty Images