初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

レース感想

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第17ステージ

「勝負所」への嗅覚 第17ステージは、スタートから約120kmは緩い登り基調、そして終盤には2級・1級・3級と3つのカテゴリー山岳が登場する、なんとも難易度が分かりにくいレイアウト。 ガチガチの総合争いが発生するには少し緩いように感じるので、クライマー…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第16ステージ

やっぱり強いなぁ…! 休息日明けの第16ステージは、コース中盤の起伏以外は平坦な、スプリンター向けなレイアウト。 今大会は最終日がシャンゼリゼでのスプリントではないので、この日が最後のスプリントステージに。 今大会これまでのスプリントステージと…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第15ステージ

決戦の地プラトー・ド・ベイユ 第15ステージは、4つの1級山岳を越えて、最後は超級山岳プラトー・ド・ベイユにフィニッシュする、今大会屈指の難関ステージ。 フィニッシュにそびえるプラトー・ド・ベイユは、登坂距離15.8km・平均勾配7.9%と、超級に相応し…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第14ステージ

いつどんな時も、自分のスタイルで 第14ステージは、ピレネー山脈2連戦の初戦となる、難関山岳ステージ。 コース中盤で超級山岳トゥールマレー(登坂距離19km・平均勾配7.4%)を越えて、2級山岳を経てから超級山岳プラ・ダデ(登坂距離10.6km・平均勾配7.9%…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第13ステージ

これまた強い勝ち方…!! 第13ステージは、終盤に2つの4級山岳を中心とした連続の起伏が登場するけれども、そこまで難易度は高くないように見えるレイアウト。 個人的な感覚としては、集団スプリント6割、逃げ切り2割、終盤の飛び出し2割…ぐらいかな。 この…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第12ステージ

完全に本物 第12ステージは、細かい起伏がそれなりに登場するけれども、集団スプリントになる可能性が高そうなレイアウト。 スプリントチームがもっと疲弊している3週目だったら、逃げ切りも十分あり得る…ぐらいの難易度な気がする。 この日逃げを選択したの…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第11ステージ

復活、そして反撃の狼煙 第11ステージは、終盤50kmに2級・1級・2級・3級と4つのカテゴリー山岳が詰め込まれた、中央山塊を舞台とする山岳ステージ。 山頂フィニッシュではないけれども、獲得標高は4,000mを超え、1級山岳ピュイ・マリー(登坂距離5.4km・平均…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第10ステージ

本領発揮 2週目の幕開けとなる第10ステージは、カテゴリー山岳が一つも無い、ど平坦なレイアウト。 一応、「横風分断のリスクあり」という情報もあるけれども…まあ十中八九スプリント決着でしょう~。 スタートしてから、選手たちは驚くほどのスローペースで…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第9ステージ

ワールドチーム所属経験なしの30歳 1週目の締めくくりとなる第9ステージは、4つの4級山岳と14もの未舗装路区間が登場する、まるで「ストラーデ・ビアンケ」の難易度を少し落としたようなレイアウト。 逃げ切りや中盤以降の抜け出しだけでなく、僅かながら集…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第8ステージ

マイヨ・ヴェールに向かって! 第8ステージは、長い登坂はないけれども細かい起伏が絶え間なく続く、なんとも難易度を読みにくいレイアウト。 一応、集団スプリントの可能性が高そうだけれども、ラスト1kmが若干の登り勾配ということもあり、重量級のスプリ…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第7ステージ

掛け値なし、別格の「ビッグ4」 第7ステージは、少し登りの要素もある25.3kmという、中距離の個人タイムトライアル。 注目は、総合争いの「ビッグ4」。 タデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)、ヨナス・ヴィンゲゴー(チーム・ヴィスマ・リースアバイク…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第6ステージ

オランダチャンピオンのトップスピード 第6ステージは、スタート直後に4級山岳が登場する以外は起伏がほぼ登場しない、前日に続いて集団スプリントになるのが確実なレイアウト。 逃げるメリットが少なすぎて、逃げが無いまま集団が一塊で進む時間が長い中、…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第5ステージ

「マン島の超特急」の終着駅 イギリスはマン島出身のスプリンター、マーク・カヴェンディッシュ。 アスタナ・カザクスタンチームに所属する39歳の大ベテランは、本来は昨年末を予定していた引退を、1年延長して今回のツールに挑んでいた。 目標は当然、歴代…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第4ステージ

まずは…ガリビエ峠 第4ステージは、標高2,642mを誇る超級山岳ガリビエ峠を越える、今大会最初の難関山岳ステージ。 ガリビエ峠は登坂距離23km・平均勾配5.1%というレイアウト以上に、空気が薄くなる標高と、山頂に近づくほど厳しくなる勾配が、間違いなく総…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第3ステージ

エリトリアの星 第3ステージは、今大会最長の230.8kmを駆け抜ける平坦ステージ。 豪華メンバーが揃ったスプリンター陣、真っ先に勝利を手に入れるのは誰になるか。 厳しすぎる設定だった第1・第2ステージの影響か、スタートから逃げが生まれない展開に。 150…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第2ステージ

美しきサンルーカの激坂 第2ステージは、ジロ・デッレミリアに登場することで有名なサンルーカの激坂(登坂距離1.9km・平均勾配10.4%・最大勾配20%)が、終盤に2度登場するレイアウト。 これは…早くも総合勢にタイム差が付く可能性があるかも? スタート直後…

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第1ステージ

「最後のツール」で…! ツール・ド・フランス2024は、史上初となるイタリアでの開幕! その第1ステージは、フレンツェをスタートする206kmの丘陵ステージ。 7つのカテゴリー山岳が登場して、獲得標高は3,600m以上…!? 恐らく、史上最も厳しいレイアウトの第…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第21ステージ

今大会3人目のハットトリック達成! 第21ステージは、ローマを舞台にしたスプリントステージ。 美しきローマの周回コースは、やはり3週間の旅を締めくくるのにぴったりだ。 スタートからしばらくの間は、恒例の「パレード」区間。 まずは、袖にピンク色をあ…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第20ステージ

今大会を象徴するような展開 第20ステージは、登坂距離18.1km・平均勾配8.1%の1級山岳モンテ・グラッパを2回登る、難関山岳ステージ。 実質、総合争いは「終幕」している状況で、その状況を作った張本人…総合首位のタデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第19ステージ

果敢なダウンヒルアタック! 第19ステージは、中盤以降に2級・3級・2級とカテゴリー山岳が連続する、今大会随一の逃げ切り向けコース。 流石に総合勢…というか、タデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)は、ステージ勝利を狙ってこないよね…? 予想通り、…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第18ステージ

「終盤に弱い」なんて言わせない…!! 第18ステージは、序盤に4級山岳が登場する以外はほぼ平坦で、久しぶりに集団スプリントになりそうなレイアウト。 集団スプリントが予想されるステージはこの日も含めてあと2つ、現在ジョナサン・ミラン(リドル・トレッ…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第17ステージ

登坂力に、勇気を込めて 第17ステージは、超級・1級・3級・2級・1級とカテゴリー山岳が登場する、これまたかなり高難度な山岳ステージ。 ちなみに、最初に登る標高2,244mの超級山岳パッソ・セッラは、本来は2級山岳扱いだったけれども、前日の第16ステージが…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第16ステージ

名峰ステルヴィオには…登らず 第16ステージは、今大会の最高到達地点となる超級山岳パッソ・デッロ・ステルヴィオを通過する予定だったんだけれども…、雪崩の危険性があるということで、回避すると前日に発表されていた。 そして更に、新たに用意された標高2…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第15ステージ

この走りをなんと形容すればいいのだろうか… 第15ステージは、3級・2級・1級・1級・1級と、カテゴリー山岳が敷き詰められた難関ステージ。 走行距離222km、獲得標高5,700mという過酷なレイアウトは、間違いなく今大会で最も難易度が高い。 そんな最高の舞台…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第14ステージ

勝ってもらわなければ困るよ、流石に 第14ステージは、大きな起伏は全く登場しない、31.2kmの個人タイムトライアル。 流石にこのレイアウトなら…タイムトライアルスペシャリストが有利でしょ。 そしてステージ勝利争いとは別に、総合勢のタイムも気になると…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第13ステージ

ハットトリック達成! 第13ステージは、起伏が一切登場しない、潔いほどの平坦ステージ。 流石にこれは、間違いなく集団スプリントになりそうだ。 カテゴリー山岳が登場しないので逃げるメリットが少ない中、スタート直後に勇気を持って飛び出したのは、アン…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第12ステージ

これぞアラフィリップ…!! 第12ステージは、4つの4級山岳が登場するだけでなく、カテゴリーの付かない起伏が多数設定された丘陵ステージ。 逃げ切りが十分に狙える「お得意」のレイアウトで躍動したのは…世界王者に輝くこと2回、フランスの英雄ジュリアン・…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第11ステージ

力こそ正義…!! 第11ステージは、序盤の3級山岳以外は大きな起伏がないので、集団スプリントが予想されるレイアウト。 一応、海沿いのエリアを通るということで、横風による分断の懸念はあるらしいけれども…。 まあ、参加しているチームの戦力的に、それは…

【レース感想】ジロ・デ・イタリア2024 第10ステージ

兄に続け! 2週目の初日となる第10ステージは142kmと短距離ながら、コース中盤の2級山岳を越えて、最後は1級山岳にフィニッシュするレイアウト。 休息日明け、いきなりハイテンションな総合争いの可能性も…? 総合勢のテンション次第では逃げ切りも十分に有…

【レース感想」ジロ・デ・イタリア2024 第9ステージ

なんと激熱な展開…!! 1週目の最終日となる第9ステージは、全体的には平坦基調に見えつつ、残り40kmほどから始まる4級山岳と、そこから連続で登場する「カテゴリーの付かない登り」が展開の予想を難しくする、これまた絶妙なレイアウト。 大逃げは少し厳し…