初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.11】ティボー・ピノ

涙の2019年を乗り越えて

Embed from Getty Images

選手名:ティボー・ピノ(Thibaut Pinot)

所属チーム:グルパマ・FDJ

国籍:フランス

生年月日:1990年5月29日

脚質:クライマー

 

主な戦歴

 ・ツール・ド・フランス

 総合3位(2014)、ステージ通算3勝(2012、2015、2019)

ジロ・デ・イタリア

 総合4位(2017)、ステージ通算1勝(2017)

ブエルタ・ア・エスパーニャ

 総合6位(2018)、ステージ通算2勝(2018 × 2)

・ツアー・オブ・ジ・アルプス

 総合優勝(2018)

イル・ロンバルディア

 優勝(2018)

・ミラノ~トリノ

 優勝(2018)

・フランス選手権 個人タイムトライアル

 優勝(2016)

 

どんな選手?

ツール・ド・フランス2019での活躍と悲劇が記憶に新しい、フランスが誇るクライマー。

 

2010年に現所属チームであるグルパマ・FDJの前身、フランセーズ・デ・ジューと契約してデビュー。

2012年のツール・ド・フランスで頭角を現し、弱冠22歳にして第8ステージで勝利を挙げ、総合成績でも10位につける活躍を見せる。

2013年にはブエルタ・ア・エスパーニャで総合7位に入り実力の高さを見せつけると、2014年のツール・ド・フランスでは総合3位に入賞して早くも表彰台を経験し、約30年達成されていない「フランス人によるツール・ド・フランス総合優勝」の有力候補として大いに期待される。

 

しかし、直後のブエルタ・ア・エスパーニャ2014を高熱のために途中リタイアすると、その後のグランツールでも途中リタイアが多発する悪循環に陥ってしまう。

2015年と2016年はツール、2017年はジロ・デ・イタリアとツール、2018年はジロとブエルタと、4年間で6回グランツールに出場するも完走できたのは2015年ツール・2017年ジロ・2018年ブエルタの3回のみ。

2017ジロは総合4位、2018ブエルタは総合6位とある程度の結果を残し、リタイアしたレースも直前まではいい順位につけている事から、実力があるのは間違い無いながらも非常にもどかしい日々が続いてしまった。

 

それでもチームからの信頼は厚く、チームは2019年のツール・ド・フランスに向けてピノーの総合優勝のみに絞った体制で挑む事を決定。

迎えたツール・ド・フランス2019では、ピノーもその期待に応えるかのように序盤から積極的な走りを見せ、同じくフランス人のジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)と共にレースを大きく盛り上げる。

第8ステージでは2人でメイン集団からの飛び出しに成功してライバルとの差を広げ、第14ステージでは見事にワンツー・フィニッシュを決めるなど、フランス人の活躍、そして34年ぶりのフランス人による総合優勝が現実味を帯びてきてフランス国内は大いに沸き立った。

第18ステージ終了時点でピノーは1分50秒遅れの総合5位、総合1位のアラフィリップは直後の山岳ステージで遅れる事も予想されていたため、実質のライバルである総合2位のエガンベル・ベルナル(チーム・イネオス)までの差は僅か20秒のみ。

そしてその間には総合3位ゲラント・トーマス(チーム・イネオス)と総合4位のステフェン・クライスヴァイク(チーム・ユンボ・ヴィスマ)もいる大混戦模様となっていた。

ここで迎えるは、最終決戦に相応しいアルプス山脈の厳しい山岳コースである第19・第20ステージ。

誰もが山岳での激闘を期待する中、ここでまさかの悲劇が起きてしまう。

数日前に痛めていた脚の状態が悪化したために、第19ステージの序盤でピノーがリタイアをしてしまったのだ。

一瞬にしてそれまでの全てを失ってしまった悔しさに人目をはばからずに号泣し、チームメイトに慰められながら自転車を降りるピノーの姿は、悲劇としか形容できないものだった。

この悲劇のリタイアがピノに与えた精神的なダメージは大きく、しばらくの間はロードバイクを見る事さえ嫌がったほどだったが、2020年シーズンには無事に復帰。

パリ~ニースで総合5位に入るなど、元気な姿を見せてくれた。

 

ピノーが「悲劇」を繰り返しているのは、ただ運が悪いだけなのか、それとも何か他に要因があるのか。

それは確かめようがないが、一つ間違いないのはピノーの登坂力が一級品だという事。

グランツールでのステージ通算6勝のうち5勝を山頂フィニッシュステージで挙げている事や、ツール・ド・フランス2019中盤のピレネー山脈で最も強かった事(総合優勝したベルナルを突き放すほど!)、2018年にはモニュメントの1つであり「クライマーズ・クラシック」と呼ばれるイル・ロンバルディアを制している事からもそれは明らかだ。

フランス国民の期待に見事に応え、その登坂力を存分に発揮して「悲劇」の涙ではなく「歓喜」の涙を流す、そんな日が来ても何ら不思議ではない。

それだけの力と情熱を彼は備えている筈だ。

Embed from Getty Images