初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.12】タデイ・ポガチャル

突如として現れたスロベニア超新星

Embed from Getty Images

選手名:タデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)

所属チーム:UAE・チーム・エミレーツ

国籍:スロベニア

生年月日:1998年9月21日

脚質:オールラウンダー・クライマー

 

主な戦歴

ブエルタ・ア・エスパーニャ

 総合3位(2019)、ステージ3勝(2019 × 3)

ツアー・オブ・カリフォルニア

 総合優勝(2019)、ステージ1勝(2019)

・ヴォルタ・アン・アルガルヴェ

 総合優勝(2019)、ステージ1勝(2019)

・ヴォルタ・ア・ラ・コムニタ・ヴァレンシアナ

 総合優勝(2020)、ステージ2勝(2020 × 2)

・ツール・ド・ラヴニール

 総合優勝(2018)

スロベニア選手権 個人タイムトライアル

 優勝(2019)

 

どんな選手?

ワールドチームデビューとなった2019年、弱冠20歳でブエルタ・ア・エスパーニャ総合3位という驚愕の結果を残した、スロベニアの新たなスター候補。

 

2018年は地元スロベニアのコンチネンタル・チームに所属していたが、若手の登竜門として名高いツール・ド・ラヴニールで総合優勝を果たすなどの結果を残す。

一気に期待の若手として注目される存在となり、2019年からはカテゴリーを1つ飛ばしてワールド・チームであるUAE・チーム・エミレーツとの契約を結ぶ事になる。

いくらラヴニールの覇者とは言え、2019年シーズン開幕時でまだ20歳のネオプロ(プロ1年目)の選手がどれだけ活躍できるかは未知数であり、経験を積むための1年になると考えていた人が多かっただろう。

 

しかし、彼の才能はそんな大方の予想のはるか上を行くものだった。

まずはシーズン初頭2月のヴォルタ・アン・アルガルヴェ

ワウト・プールス(当時チーム・スカイ)やエンリク・マス(当時ドゥクーニンク・クイックステップ)などの実力者も出場する中、なんと総合優勝したのはまさかのポガチャル。

「シーズン開始直後なので調整目的の選手もいた」「ワールドツアーではなく、2.HCクラスのヨーロッパツアー」というエクスキューズは付くかもしれないが、驚きの結果だった。

続いて4月のイツリア・バスク・カントリーでも総合6位に入り、先ほどと違い正真正銘ワールドツアーでのトップ10入りで実力を示したポガチャルだったが、まだまだ勢いは止まらない。

なんと、5月に行われたツアー・オブ・カリフォルニアでは、リッチー・ポート(トレック・セガフレード)やジョージ・ベネット(チーム・ユンボ・ヴィスマ)といった一流選手を抑えて総合優勝を飾ってしまったのだ。

この20歳でのワールドツアー総合優勝はもちろん最年少記録であり、山岳アシストがいない状況でも自らの登坂力で力強く走る姿は本当に驚異的なものだった。

 

極めつけは、グランツール(3大ステージレース)初挑戦となったブエルタ・ア・エスパーニャ

チームのエースナンバーを背負うファビオ・アルが途中リタイアし、更にはアシスト陣も不調で山岳では単騎になりながらも、ポガチャルは強かった。

積極的な走りでステージ3勝を上げ、更には総合3位に入賞しポディウム(表彰台)に登るという素晴らしい結果を残したのだ。

特に、疲労も極限に達している中で果敢にアタックして逃げ切った第20ステージでの勝利は、逆転で総合3位を掴み取る見事な走りだった。

 

2020年シーズンもヴォルタ・ア・ラ・コムニタ・ヴァレンシアナでステージ2勝に総合優勝と、上々のスタートを切ったポガチャル。

最早その才能と実力を疑う者などいないだろう。

興味があるのは、その才能の天井がどこにあるのか、そしてどんな結果を積み上げていくかだ。

2019年シーズンはポガチャルの他にも、エガン・ベルナル(チーム・イネオス)やレムコ・エヴェネプール(ドゥクーニンク・クイックステップ)など、若手の驚異的な活躍が目立った1年だった。

もちろんベテラン勢の活躍も嬉しくなるが、若き才能達が切磋琢磨して未来を切り開いていく姿は、ロードレース界を照らす希望の光だと言えるだろう。

ポガチャルもその中心人物の1人としてどんな輝きを見せてくれるのか、楽しみは尽きない。

Embed from Getty Images