初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.13】エリア・ヴィヴィアーニ

栄光と挫折を経験して古巣へ復帰するイタリアの超特急

Embed from Getty Images

選手名:エリア・ヴィヴィアーニ(Elia Viviani)

所属チーム:イネオス・グレナディアーズ

国籍:イタリア

生年月日:1989年2月7日

脚質:スプリンター

 

主な戦歴

 ・ツール・ド・フランス

 ステージ1勝(2019)

ジロ・デ・イタリア

 ポイント賞(2018)、ステージ通算5勝(2015、2018 × 4)

ブエルタ・ア・エスパーニャ

 ステージ通算3勝(2018 × 3)

ヨーロッパ選手権 個人ロードレース

 優勝(2019)

・イタリア国内選手権 個人ロードレース

 優勝(2018)

・ユーロアイズ・サイクラシックス

 優勝(2017、2018、2019)

 ・ブルターニュ・クラシック・ウェスト=フランス

 優勝(2017)

リオデジャネイロ・オリンピック トラックレース オムニアム

 優勝

 

どんな選手?

ロードレースだけでなくトラックレースでも活躍を見せる、現役屈指のイタリア人スプリンター。

 

2010年にリクイガス・ドイモでプロデビューし、途中チーム名の変更もあったが同チームには2014年まで所属 。

5年間で31勝を挙げるが、ワールドツアーでの勝利は3つのみと(最大の勝利はクリテリウム・デュ・ドーフィネでのステージ勝利)、ビッグタイトルとはあまり縁のない日々を過ごす。

2015年にチーム・スカイ(現チーム・イネオス)に移籍し、同年のジロ・デ・イタリアで念願のグランツール(3大ステージレース)初勝利を挙げるなど、大舞台でも活躍できる実力があると証明することができた。

しかし、スプリントではなく総合に力を入れているチーム・スカイでは十分な活躍の機会が与えられたとは言えず、2017年には母国最大のレースであるジロ・デ・イタリアのメンバーからも外されてしまう。

 

2017年後半にはユーロアイズ・サイクラシックスとブルターニュ・クラシック・ウェスト=フランスというワールドツアーのワンデーレースで勝利するなど、実力がある事は示し続けたヴィヴィアーニに転機が訪れたのは、2018年のクイックステップ・フロアーズ(現ドゥクーニンク・クイックステップ)への移籍。

スプリントステージとワンデーレースに於いて最強のこのチームで、ヴィヴィアーニはエース・スプリンターとして躍動する。

2018年はジロ・デ・イタリアでステージ4勝とポイント賞、ユーロアイズ・サイクラシックスでは連覇を果たしイタリア選手権も制するなど、年間最多勝となる18勝を荒稼ぎ。

2019年は年間11勝と勝利数は減少するも、遂にツール・ド・フランスでもステージ勝利を飾り、全グランツールでのステージ勝利を達成。

更にはヨーロッパ選手権優勝やユーロアイズ・サイクラシックス3連覇など、ピュアスプリンターでありながらワンデーレースでも勝利を重ねる姿は、彼が総合力で世界屈指のスプリンターである事を証明するものだった。

 

そのスプリント力はロードレースだけでなくトラックレースでも遺憾なく発揮され、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、オムニアムで金メダルを獲得している。

ロードレースでの実績と併せて、ヴィヴィアーニの強さを改めて示すものと言えるだろう。

 

絶頂期とも言える2年間を過ごしたヴィヴィアーニだったが、2020年には移籍を決断。

移籍先は、11年ぶりのワールドチーム登録復帰となったフランス籍のチーム、コフィディス・ソルシオンクレディ。

前所属のクイックステップのようなチーム力は期待できないが、相棒のファビオ・サバティーニを伴って移籍できただけでなく、トラックでコンビを組むシモーネ・コンソンニも同チームに加入させ、スプリントで勝負できる体制を整えることが出来た。

もちろんフランス籍のチームとして最大の目標は、ツール・ド・フランスでのステージ勝利である。

「ヴィヴィアーニのここ2年の勝利はクイックステップのチーム力のおかげ」などという外野の声も聞こえる中、それを黙らせるような走りを見せつけてチームの期待に応える事ができるのか。

ヴィヴィアーニの新たな挑戦が始まろうとしている。

Embed from Getty Images

 

※2021年1月10日追記

ドゥクーニンクでの栄光の2年間に別れを告げて、コフィディスへ移籍したヴィヴィアーニ。

久々のワールドチーム登録復帰となったコフィディスとしては、チームのエースとして勝利を稼ぐ事、そしてツール・ド・フランスで勝利を挙げる事を期待しての獲得だっただろう。

しかし、春先からヴィヴィアーニの調子が上がらない。

1月のツアー・ダウンアンダーでは4位が1回、2月のヴォルタ・アン・アルガルヴェでは2位が1回、3月のパリ~ニースでは8位が1回と、新型コロナウィルスの影響による中断期間前は勝利を挙げられない。

中断期間が明けてもヴィヴィアーニの状態は上がらず、シーズン未勝利のままツールへ突入。

しかしと言うかやはりと言うべきか、ツールでもヴィヴィアーニの調子は全くよくならず、最高順位は第10ステージの4位に終わってしまう。

続くジロ・デ・イタリアでも調子は相変わらずで、第4ステージで5位に入ったのが唯一のトップ10入りという散々な結果に終わってしまった。

 

結局、2020年シーズンは1勝もできずにシーズン終了という、まさかの結果となってしまったヴィヴィアーニ。

最強スプリントトレインを有するドゥクーニンクからの移籍だったため、勝利数が減少する事はある程度予想されていたが、年間0勝に終わるとは一体誰が予想できただろうか。

チームとの契約は残り1年。

絶対的なエース待遇で迎えてくれたチームに報いるような、そしてプライドと自信を取り戻すような、そんな力強い走りを再び見せてくれると期待したい。

 

※2021年12月21日追記

2021年のヴィヴィアーニは、さすがに前年の「年間0勝」というどん底からは抜け出す事に成功する。

スプリントステージとスプリンター向けのワンデーレースで、合計6勝。

ただし、ワールドツアーでは未勝利だったので、決して「復調」と評価できるものではなかったかもしれない。

唯一のグランツール出場となったジロでも、ステージ3位を2回マークするのがやっとだった事を考えると、やはりまだまだ深刻な不振の真っただ中にいると言っていいだろう。

 

ヴィヴィアーニによるツールでの勝利を期待していたであろうコフィディスとしては、2年間でワールドツアー未勝利の「エース」と契約を延長する理由は、もちろん無い。

ただ、ここ2年間は不振だったとはいえ、2018年~2019年の2年間で29勝を挙げた実力を評価するチームは(ワールドチームだけではなくプロチームも含めれば)当然あるだろうと思っていた矢先、あまりにも意外なニュースが飛び込んできた。

ヴィヴィアーニ、まさかの古巣イネオス・グレナディアーズ(旧チーム・スカイ)への復帰。

しかも、契約年数は3年。

かつて在籍した2015年~2017年は、ツールへの出場が叶わないどころか、2017年にはグランツールへの出場も出来ないほど、グランツールの総合優勝を目指すチームの中にヴィヴィアーニの居場所はなかった。

ただ、2021年のイネオスは「more racing style」という標語を掲げ、グランツールの総合優勝以外も積極的に狙う姿勢を見せ始めている。

そして現在のイネオスには、イーサン・ヘイターやトム・ピドコックと言う、スプリントの才能を有する期待の若手も在籍している。

恐らくヴィヴィアーニに期待されているのは、そういった若手の良き見本、良き指導者としての働きだろう。

もちろん、2022年で33歳とまだ老け込むには少し早いのだから、ヴィヴィアーニに自身が勝ったっていい。

イネオスの「総合争いのための牽引役」は、その気になれば「スプリント争いのための牽引役」を担う事だって可能だろうから、是非どこかのステージレースで「スプリント勝利狙い」の編成で挑んでみて欲しい。

もし実現すれば、きっと相当面白い事になる。

栄光からの挫折を経験してきたヴィヴィアーニの2022年は、きっと面白い事になる。