初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【レース感想】ツール・ド・フランス2021 第10ステージ

最強のスプリントチーム

休息日明けの第10ステージは、集団スプリントが予想される平坦ステージ。

横風に気を付けなければいけない地域を走るけれども、予報では比較的穏やかな雰囲気になりそうな感じらしい。

 

スタート直後に飛び出したトッシュ・ファンデルサンド(ロット・スーダル)とユーゴ・ウル(アスタナ・プレミアテック)の2人を、メイン集団はあっさり容認。

まぁ、総合にもポイント賞にも山岳賞にも絡まない2人だから、これを容認しなかったら何が許されるんだというところではある。

 

メイン集団では、残り108.4㎞地点の中間スプリントポイントで激しい先着争いが起こる。

ちょっとした起伏の頂上に設けられたラインを目指して、マイケル・マシューズ(チーム・バイクエクスチェンジ、ポイント賞2位)とソンニ・コルブレッリ(バーレーン・ヴィクトリアス、ポイント賞3位)という現役屈指の「登れるスプリンター」2人が加速していく。

メイン集団の先頭(全体3番手)でラインを通過して15ptを獲得したのは、第1週でも明らかに好調だったコルブレッリ!

続いて通過したマシューズは13pt獲得、そして現在ポイント賞首位のマーク・カヴェンディッシュ(ドゥクーニンク・クイックステップ)は後方にいたためポイントを加算せずに中間スプリントポイントを超えていく。

 

残り50kmを過ぎた辺りにあるカテゴリーの付いていない登りでバイクエクスチェンジがペースアップを仕掛ける(カヴェンディッシュを置き去りにしたかった?)けれども、この動きは不発に終わる。

残り30km辺りからは逆にドゥクーニンクが集団を高速で牽引し、そのタイミングでコルブレッリがパンクという不運に見舞われるも、なんとか集団復帰には成功。

ただ、ここで脚を使ってしまったのは結構痛い…。

 

残り20kmを切って横風が吹いている様子が見受けられる中、ボーラ・ハンスグローエ辺りが中心となって集団のペースを上げると、遂に集団は分裂!

総合リーダーのタデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)が少し危ないポジショニングで遅れかけるも、単騎で上手く立ち回ってしっかり前方をキープ。

イネオス・グレナディアーズのリチャル・カラパスも一時的に単騎になっている姿が映し出されるけれども、すぐさまミハウ・クフィアトコフスキとディラン・ファンバーレがしっかりとサポートに入り、一気に集団の先頭まで引き上げて事なきを得る。

結果的に、この分断で総合上位陣やスプリンター勢が取り残されることは無く、レースは集団スプリントへと向かっていく。

 

残り4km辺りから、先頭で圧倒的な存在感を見せつけたのはドゥクーニンクのトレイン。

ジュリアン・アラフィリップ、カスパー・アスグリーン、ダヴィデ・バッレリーニ、ミケル・モルコフ、そしてエースのカヴェンディッシュという、完璧すぎるトレインを組んで、集団の先頭を引っ張り続ける!

チームDSMやアルケア・サムシックも抵抗を見せるけれども、ドゥクーニンクの有利は崩せない。

残り1km、先頭はアスグリーンが引っ張るドゥクーニンクのトレイン!

残り700m、アスグリーンが牽引を終了するのとほぼ同時に、アルケアのトレインがナセル・ブアニを前方へと引き上げてくる。

ドゥクーニンクはバッレリーニの牽引で更にペースアップして、誰も横に並ばせない!

残り250m、ドゥクーニンクはモルコフの牽引に交代、しかしライバルチームは殆どアシストが残っておらず、カヴェンディッシュの後ろに付いていくのが精一杯といった感じだ!

残り100mを切って、カヴェンディッシュが発射!!

ワウト・ファンアールト(チーム・ユンボ・ヴィスマ)とジャスパー・フィリプセン(アルペシン・フェニックス)も必死で追いかけるけれども、完璧なタイミングで発射されたカヴェンディッシュが強い!!

Embed from Getty Images

これぞドゥクーニンク!

圧倒的な支配力を披露しての完璧な勝利!!

そしてカヴェンディッシュは、歴代最多のエディ・メルクスまであと1勝と迫るツール通算33勝目!!

残りる平坦ステージは、あと4つ。

不可能と思われていた歴代最多勝の更新が現実味を帯びてきた!!

そして、ポイント賞争いでも2位のマシューズとの差を59ptに広げ、10年ぶりのマイヨヴェール獲得も充分射程圏内!!

完全復活を果たしたカヴェンディッシュが新たな歴史を刻むのか、本当に楽しみだ!!