初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.23】フィリッポ・ガンナ

圧倒的な独走力を誇る「トップガンナ」

Embed from Getty Images

選手名:フィリッポ・ガンナ(Filippo Ganna)

所属チーム:イネオス・グレナディアーズ

国籍:イタリア

生年月日:1996年7月25日

脚質:タイムトライアルスペシャリスト

 

主な戦歴

 ・世界選手権個人タイムトライアル

 優勝(2020、2021)、3位(2019)

ジロ・デ・イタリア

 ステージ通算6勝(2020 × 4、2021 × 2)

・イタリア国内選手権個人タイムトライアル

 優勝(2019、2020)

UAEツアー

 ステージ1勝(2021)

・ティレーノ~アドレアティコ

 ステージ1勝(2020)

・ビンクバンク・ツアー

 ステージ1勝(2019)

トラックレース世界選手権 個人追抜

 優勝(2016、2018~2020)

東京オリンピック トラックレース団体追抜

 優勝

 

どんな選手?

193cmの恵まれた体格から生み出される高出力を武器に、現役最強のタイムトライアルスペシャリストとして覚醒したイタリアの重戦車。

また、その抜群の高速継続能力はロードレースだけではなくトラックレースでも遺憾なく発揮されていて、世界選手権個人追い抜きで4度の優勝(2016、2018~2020)を飾るなど、こちらも現役トップの実力を誇っている。

 

2017年、ガンナはUAEチームエミレーツでプロロードレース選手としてのキャリアをスタートさせる。

UAEに所属していた2年間は未勝利と当時はあまり目を引くような選手ではなく、目立ったリザルトはブエルタ・ア・サンファンのタイムトライアルステージでの2位とイタリア国内選手権個人タイムトライアルでの2位ぐらいであった。

 

そんなガンナに転機が訪れたのは2019年。

ガンナは総合系最強のチームとして名高いチーム・スカイ(現イネオス・グレナディアーズ)へと移籍する。

移籍後最初のレースとなったのは2月のツール・ド・ラ・プロヴァンス

その第1ステージ、8.9kmの平坦な個人タイムトライアルステージで、ガンナはいきなりプロ初勝利を飾ったのだ。

その後も、6月のイタリア国内選手権個人タイムトライアルでは念願の初優勝、8月のビンクバンク・ツアーではワールドツアー初勝利、そして9月の世界選手権個人タイムトライアルでは3位で表彰台に登壇するまでに成長した。

 

一気に期待の若手として評価を高めたガンナだったが、彼の真価はこんなものでは無かった。

2020年、シーズン最初のレースとなった2月のブエルタ・ア・サンファンでのタイムトライアルはこそ2位に終わるものの、新型コロナウィルスの影響による中断期間が明けた8月から、ガンナの快進撃が始まった。

まずはイタリア国内選手権個人タイムトライアルを当然のように連覇。

9月に入り、ティレーノ~アドレアティコの個人タイムトライアルステージでは、ヴィクトル・カンペナールツ(当時NTTプロサイクリング)やローハン・デニス(イネオス)と言った猛者を退けてのステージ優勝。

直後に地元イタリアで開催された世界選手権でも、個人タイムトライアルで危なげなく優勝を飾りアルカンシェルを獲得する。

 

そして圧巻だったのが、グランツール初挑戦となったジロ・デ・イタリア

3つあるタイムトライアルステージでは他の選手を全く寄せ付けず3戦全勝と、世界王者の実力を遺憾なく発揮。

更には山岳ステージでも逃げ切り勝利を飾り、タイムトライアルと合わせて4勝を挙げる大活躍を見せてくれた

 

2021年に入ってもガンナの勢いは衰えず、エトワール・ド・ベセージュでは逃げ切り勝利と個人タイムトライアルでの勝利、続くUAEツアーでも個人タイムトライアルステージで勝利を挙げ、その力が一過性のものではないと改めて証明する。

3月のティレーノ~アドレアティコの個人タイムトライアルステージでは3位に終わり、個人タイムトライアルでの連勝は8で途切れてしまうものの、個人タイムトライアル8連勝は偉業と言っても差し支えない大記録だ。

連勝が途絶えた状態での出場となったジロでは、前年に続いてその力を存分に披露。

初日と最終日の個人タイムトライアルステージをしっかり制しただけではなく、エガン・ベルナルの総合優勝を強力にサポートするその仕事量、平坦での牽引をほぼ一手に引き受けるその走りは凄まじかった。

また、最終日のタイムトライアルではパンクに見舞われながらも勝利を挙げた事も、ガンナの抜きん出た実力を如実に表す出来事だった。

 

8月、ガンナは東京オリンピックに個人タイムトライアルとトラックレースの選手として出場。

優勝候補として期待されていた個人タイムトライアルでは起伏のあるコースレイアウトに苦しみ、そしてトラックレースに向けての調整もあったため5位に終わってしまったものの、その分トラックの団体追い抜きではしっかりとその実力を発揮して、金メダルを持ち帰る事に成功した。

 

連覇を目指して出場した世界選手権個人タイムトライアルでは、オリンピックでトラック向けに調整していた身体をしっかりとタイムトライアル仕様に戻せていたようで、ガンナは圧巻の走りを披露する。

最大のライバルであったワウト・ファンアールト(チーム・ユンボ・ヴィスマ)も他の選手を圧倒するタイムを残したが、最終走者のガンナはファンアールトを6秒上回り、見事に2連覇を達成。

平坦基調のタイムトライアルではやはり群を抜いた実力を有していると、改めて証明した。

 

そのパワーを活かした圧巻の走りは映画「トップガン」と掛けて「トップガンナ」と呼ばれるほどに知名度を上げただけでなく、ここまでの実績からその実力は現役トップのタイムトライアルスペシャリストと評して間違いないだろう。

そして、ガンナはタイムトライアルスペシャリストとして既に頂点にいながら、2021年シーズン中に25歳になった、まだまだ成長途上の若手でもある。

きっとこれからもその圧倒的な独走力を披露し続けてくれるだろうし、タイムトライアル以外にも活躍の場を広げる可能性だってありそうだ。

そのライバルを寄せ付けない重戦車の如き走りで一体どんな戦績を残していくのか、楽しみで仕方がない。

Embed from Getty Images