初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.18】グレッグ・ファンアーベルマート

苦境のチームを支えるクラシックの名手

Embed from Getty Images

選手名:グレッグ・ファンアーベルマート(Greg Van Avermaet)

所属チーム:CCCチーム

国籍:ベルギー

生年月日:1985年5月17日

脚質:パンチャー

 

主な戦歴

 ・パリ~ルーベ

 優勝(2017)、3位(2015)

リオデジャネイロオリンピック 個人ロードレース

 優勝

・オムループ・ヘット・ニウスブラッド

 優勝(2016、2017)、2位(2014)

・E3・ハレルベーグ

 優勝(2017)

・ヘント~ウェヴェルヘム

 優勝(2018)、3位(2013)

・グランプリ・シクリスト・ド・モンレアル

 優勝(2019)

ロンド・ファン・フラーンデレン

 2位(2014、2017)、3位(2015)

ツール・ド・フランス

 ステージ通算2勝(2015、2016)

ブエルタ・ア・エスパーニャ

 ステージ通算1勝(2008)、ポイント賞(2008)

・ティレーノ・アドリアティコ

 総合優勝(2016)、ステージ通算2勝(2015、2016)

 

どんな選手?

石畳系のクラシックレース(フランドル・クラシック)を中心に、ワンデーレースで幅広く活躍する現役屈指のクラシックスペシャリスト。

 

祖父も父も元プロロード選手という自転車競技一家に生まれ、2006年にはU23(23歳以下)カテゴリーのベルギーチャンピオンに輝き、2007年に地元ベルギーのプレディクトール・ロット(現ロット・スーダル)でプロデビュー。

プロ1年目からツアー・オブ・カタールやツール・ド・ワロニーでステージ優勝を飾るなど、その才能を遺憾なく発揮。

2008年には、グランツール(3大ステージレース)初出場となったブエルタ・ア・エスパーニャで、いきなりのステージ1勝を挙げるだけでなく、ポイント賞も獲得する活躍を見せる。

2009年と2010年は勝ち星に恵まれなかったが、2011年からBMC・レーシングチームへ移籍。

なかなかワールドツアーでの勝利数は伸びなかったが、

2011年:クラシカ・サンセバスティアン2位

2013年:ヘント・ウェベルヘム3位

2014年:オムループ・ヘット・ニウスブラッド2位、ロンド・ファン・フラーンデレン2位

2015年:ストラーデ・ビアンケ2位、ロンド・ファン・フラーンデレン3位、パリ~ルーベ3位、世界選手権個人ロードレース3位

と、主要レースでの表彰台を多数経験する安定感を披露。

年々表彰台入りの回数も増やしていき、後は爆発の瞬間を待つのみとなっていた。

 

そして迎えた2016年、それは正に爆発だった。

まずはシーズン開幕直後の2月、得意の石畳のオムループ・ヘット・ニウスブラッドで優勝。

3月にはティレーノ・アドリアティコでステージ1勝と、まさかの総合優勝。

山岳の設定が軽めだったとはいえ、ワールドツアーのステージレースでの総合優勝は予想外のものだった。

7月には世界最高の舞台であるツール・ド・フランスでステージ優勝。

そして極めつけは4年に1度のオリンピック、舞台はリオデジャネイロ

険しい山岳コースが設定されていたため、クライマーやオールラウンダーに有利と見られていたが、厳しい登りも耐え抜いて、最後は3人でのスプリント勝負に持ち込む事に成功。

スプリント勝負の相手は、オールラウンダーのヤコブ・フルサン(デンマーク:アスタナ・プロチーム)と、クライマーのラファウ・マイカポーランド:当時ティンコフ)。

2人とも登坂力は一流だがスプリント勝負ではファンアーベルマートの敵ではなく、見事に金メダルを獲得した。

翌2017年も好調をキープし、まずは前年に続きオムループ・ヘット・ニウスブラッドで優勝。

そして圧巻だったのはフランドル・クラシック4連戦。

まずはE3・ハレルベークとヘント・ウェベルヘムで優勝モニュメント(5大ステージレース)の1つであるロンド・ファン・フラーンデレンは2位に終わるが、もう1つのモニュメントであるパリ~ルーベでは見事に優勝を飾った。

惜しくもトム・ボーネン以来の4戦全勝は逃したが、4戦3勝という圧倒的な成績を残し、現役屈指のワンデーレーサーである事を証明してみせた。

そしてこの4連戦でワールドツアーポイントを大量に稼いだ事により、2017年の最多ポイント獲得者となった。

 

まさに絶頂期を迎えていたファンアーベルマートだが、2018年に予想もしない逆境に見舞われる。

所属チームのBMC・レーシングチームからBMCがスポンサー撤退を発表し、チームが存続の危機に陥ってしまったのだ。

そして新たなスポンサー探しが難航する状況に、リッチー・ポートやローハン・デニスなどのエース級を含む多くの選手がチームを離れる事となった。

スポンサーが見つからなければチームの存続自体怪しい、存続できたとしても弱体化は免れない状況の中、ファンアーベルマートは自分を育ててくれたチームへの恩義を返すべく残留する事を決断。

なんとか7月には無事に新規スポンサーも見つかり、2019年にはCCCチームとして無事に新たな船出を迎えることが出来た。

 

2019年は見立て通りチーム力が大幅に低下してしまい、ファンアーベルマートも勝負所でアシストを受けられずに孤立してしまう場面が目立ち、なかなか勝ち星を稼げなかったが彼は果敢に走り続けた。

ワールドツアーでの勝利は9月のグランプリ・シクリスト・ド・モンレアルのみとなってしまったが、オムループやE3ではしっかり表彰台に上るなど着実にポイントを稼ぎ、年間獲得ポイントランキングでは7位となっていたのは流石である。

そして迎えた2020年シーズン、マッテオ・トレンティンという強力な新戦力がチームに加入し、フランドル・クラシックで十分戦える体制は整った。

そんな最中、コロナウィルス感染拡大の影響で全レースが中止になってしまったのはとても残念だったが、主要なレースは8月以降に日程を動かして開催する事が決定。

2枚看板による新生CCCの走りに期待したいところだったのだが、なんとここでまたチームスポンサー問題が浮上。

コロナウィルスの影響により業績不振に陥ったCCC社(ポーランドの靴メーカー)が来期からのスポンサー撤退を発表したのだ。

2020年8月1日現在、未だ新規スポンサーが見つかっていない苦しい状態になってしまっている。

ファンアーベルマートはこの状況に対し、

「チームとは約10年の付き合いで、簡単に別れを告げるのは残念なこと」

と、まずは残留を基本路線として事態を見守る事を表明した。

 

チームスポンサーを獲得するためには、企業が多額のスポンサー料を支払ってくれる価値や魅力がなければならない。

「勝つ事や活躍する事によってメディアへの露出を増やせる」と、企業にアピールする必要がある。

そう、要するに、勝てばいいのだ。

そして、ファンアーベルマートは現役最強のワンデーレーサーの1人である。

その力が遺憾なく発揮され、そして彼の愛するチームが救われる事を期待したい。

Embed from Getty Images