初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.19】マルク・ヒルシ

早くも開花したスイス期待の星

Embed from Getty Images

選手名:マルク・ヒルシ(Marc Hirschi)

所属チーム:チーム・サンウェブ(2021シーズンからチーム・DSMに名称変更)

国籍:スイス

生年月日:1998年8月24日

脚質:パンチャー

 

主な戦歴

ツール・ド・フランス

 ステージ1勝(2020)、総合敢闘賞(2020)

フレッシュ・ワロンヌ

 優勝(2020)

リエージュ~バストーニュ~リエージュ

 2位(2020)

・世界選手権個人ロードレース

 3位(2020)

クラシカ・サンセバスティアン

 3位(2019)

U23世界選手権個人ロードレース

 優勝(2018)

 

どんな選手?

2020年に大ブレイクを果たした、パンチ力に長けたスイスの新たなスター候補。

 

2018年、チーム・サンウェブの下部チームに所属し、20歳の若さでU23欧州選手権U23世界選手権個人ロードレースで優勝を飾り、早くもその才能を世界に披露してみせる。

この活躍を受け、2019年からはサンウェブと本契約を結び、早くもワールドチーム所属の選手となる。

ネオプロ(ワールドチーム・プロチーム所属1年目)となる2019年も堂々たる走りを見せ、クラシカ・サンセバスティアンでは3位入賞、ビンクバンク・ツアーでも総合5位と、21歳のネオプロとは思えないような結果を残して見せる。

特にクラシカ・サンセバスティアンでの並み居る猛者と競い合っての3位入賞は、レムコ・エヴェネプールがワールドツアー史上最年少となる19歳で優勝した事に話題を持っていかれてしまったが、相当に驚くべき結果と言えるだろう。

 

2019年の秋からは母国スイスの英雄ファビアン・カンチェラーラがマネージャーを務める事でも注目を集める中で迎えた2020年、新型コロナウィルス流行による中断が明けてから開催されたツール・ド・フランスで、ヒルシの才能が一気に開花する。

 

まずは第2ステージ、この日の優勝候補筆頭であるジュリアン・アラフィリップの「分かっていても付いていけない」強烈なアタックに唯一食らいつき、あとから追いついてきたアダム・イェーツも含めて3人でのステージ勝利争いに。

フィニッシュ200m手前からスプリントを開始したアラフィリップに対し、ヒルシはそれを後ろから差そうと猛烈な加速を見せるも僅かに及ばず惜しくも2位に終わる。

敗れはしたものの、アタックへの反応にフィニッシュ手前のスプリント対決と、世界最高峰のパンチャーであるアラフィリップに迫るようなパンチ力を見せつけ、敢闘賞を受賞する。

 

続いてヒルシが活躍したのは、1週目の最終日である第9ステージ。

残り18km地点に激坂マリーブランク峠が控える厳しいステージで、果敢な長距離単独逃げを敢行。

逃げる為にわざわざエアロロードを用意する周到さ、一人でもペースを崩さず走り続ける独走力、マリーブランク峠の厳しい勾配をクリアする激坂適正、ダウンヒルでのアグレッシブな攻めと、様々な才能を見せながら逃げ続けるも、残り2km地点で総合勢の精鋭小集団に捕まってしまう。

フィニッシュのスプリント勝負では一人逃げの疲労が祟り3位に終わるも、マルチな才能とアグレッシブな走りが光り、この日も敢闘賞を受賞する。

 

そして2週目の第12ステージ、ついにその日はやってきた。

急勾配を含むアップダウンのあるパンチャー向けのステージで、様々な思惑が重なり全体的にハイペースで出入りの激しい展開の中、ヒルシは残り28km地点で単独での飛び出しに成功。

ヒルシは激坂もテクニカルなダウンヒルも見事にこなし、そして追走集団内でのチームメイトの見事な働きもあり、順調にタイム差を広げていきそのまま先頭でフィニッシュ。

アグレッシブな走りとチームの連携が見事にかみ合い、プロ初勝利をツール・ド・フランスという大舞台で飾る事に成功し、更にはこの日も敢闘賞を受賞する。

最終的に、そのアグレッシブで才能あふれる走りが評価されてツール全体を通しての総合敢闘賞にも選出。

終始好連携を見せたチームと共に、ヒルシは間違いなくツール・ド・フランス2020の主役の1人だった。

 

ツールで一躍トップ選手の仲間入りを果たしたヒルシだったが、その勢いはツール後も全く勢いが衰えなかった。

 

世界選手権個人ロードレースではハードなレース展開を耐え抜き、最終局面までしっかり生き残っての3位フィニッシュ。

2着争いのスプリントでは流石にワウト・ファンアールトには及ばなかったものの、ミハウ・クフィアトコフスキー、ヤコブ・フルサン、プリモシュ・ログリッチというパンチ力にも定評のある選手に競り勝つ強さを披露してくれた。

 

3日後に行われたフレッシュ・ワロンヌでは、このレースを2連覇中で優勝候補の大本命と目されていたアラフィリップが不在の中、最後の激坂「ユイの壁」で流石のパンチ力を披露して見事優勝。

やはりそのパンチャーとしての能力は世界最高クラスであると、改めて証明してみせた。

 

更に4日後のリエージュ~バストーニュ~リエージュでも、これまたサバイバルな厳しい展開をしっかり生き残り、小集団でのスプリント勝負に臨む事に。

急激に進路変更したアラフィリップに前を塞がれ、しっかりとスプリントできずに3着でフィニッシュと不完全燃焼に終わるも、アラフィリップは斜行で降格処分となりヒルシは繰り上げでの2位となった。

惜しくも優勝には届かなかったものの、プロ2年目の22歳がモニュメント(5大ワンデーレース)の1つであるリエージュ~バストーニュ~リエージュで2位入賞は、見事な結果と言っていいだろう。

 

ツールで鮮烈な活躍を見せ、そしてその後も最高峰の舞台でトップ選手と鎬を削り合って結果を残したヒルシ。

まだ若いとはいえ、今更その才能と実力を疑う人などいないだろう。

ただ、これだけ結果を残したとなると、2021年シーズンは周りからのマークがかなり厳しくなるのは間違いない。

そんな状況下で、果たしてどのような走りを見せるのか、改めて真価が問われる1年となる筈だ。

マークに苦しみながら、それでも勝利を目指して成長するのか。

それとも、マークなどものともせず、圧倒的な才能で勝利を積み重ねるのか。

その多彩な才能には現状の「パンチャー」という括り以上の可能性が詰まっているようにも見えるが、果たして今後どのような走りを見せてくれるのか、興味は尽きない。

チーム・サンウェブは新スポンサーを迎えて「チーム・DSM」へとチーム名が変わる中、新たなチームの象徴となりうる若きエースに注目したい。

Embed from Getty Images