初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【レース感想】ツール・ド・フランス2024 第1ステージ

「最後のツール」で…!

ツール・ド・フランス2024は、史上初となるイタリアでの開幕!

その第1ステージは、フレンツェをスタートする206kmの丘陵ステージ。

7つのカテゴリー山岳が登場して、獲得標高は3,600m以上…!?

恐らく、史上最も厳しいレイアウトの第1ステージだ…。

 

30度を超える厳しい暑さの中、逃げ集団を形成したのはマテイ・モホリッチ(バーレーン・ヴィクトリアス)やヨン・イサギレ(コフィディス)などを含んだ9人の選手。

メイン集団は、この逃げ集団に対して最大で5分ほどのタイム差を許したけれども、ステージ勝利を狙うEFエデュケーション・イージーポストやリドル・トレックによる積極的な牽引もあり、徐々にその差を詰めていく。

残り50.6km、先頭とのタイム差を1分20秒ほどまで縮めたメイン集団から飛び出したのは、ロマン・バルデ(チームDSM・フェルメニッヒ・ポストNL)。

DSMは逃げ集団に乗っていたフランク・ファンデンブルークが下がってきてバルデと合流して、2人で改めて先頭を目指す格好に。

来シーズン途中での引退を表明し、今回が最後のツールとなるバルデと、今シーズンからトップチームに昇格した期待の若手ファンデンブルーク、この2人のコンビは強力で、すぐさま先頭に追い付くだけでなく、そのままライバルを振り切って2人でフィニッシュに向かっていく。

 

当然メイン集団は先頭の2人を追いかけるけれども、タイム差は意外と縮まらない。

残り20km、下りで少しタイム差が開き、1分30秒差。

この先は平坦基調となる残り15km、タイム差は1分20秒。

残り10km、50秒とその差は縮まっているけれども、まだ逃げ切りもあり得るペース。

残り5kmで…35秒差、まだ分からない、かなり際どくなりそうだ。

残り3kmのアーチをくぐって…20秒差!

先頭の2人はそろそろ限界だろうけれども、メイン集団もアシストが残っているか…?

残り2kmで14秒、このペースのままだとギリギリ逃げ切れるぞ…!?

残り1km、2人のリードは…10秒!!

ペースを落とさなければ…いける!!

チームメイト同士なので当然牽制はない、あとは粘れるかどうかだけ!!

必死の形相で踏むバルデ、淡々と踏み続けるファンデンブルーク、後方のメイン集団は…ややアシストが力を使いすぎた感もある!!

しきりに後方を振り返る2人、メイン集団とは…まだギャップがある!!

残り50m、遂に2人が勝利を確信…!!

Embed from Getty Images

何という開幕ステージ…!!

まさかまさかの、DSMの2人による逃げ切り勝利!!

バルデは2017年以来となるツールステージ勝利、そして初のマイヨジョーヌ獲得に!!

地元フランスの期待を背負い続け、時にはその重圧に苦しんできたバルデに、最後のツールでこんな素晴らしい瞬間が訪れるとは…!!

その積極性、飛び出すタイミングの上手さ、最終盤の粘り、全てが噛み合った!

そして、もう一人の主役、ファンデンブルークにも盛大な賛辞を!

序盤から逃げに乗り、途中でバルデを引き上げて、そこから2人でローテーションを回してフィニッシュまで行ってしまうとは…本当に驚異的な働き!!

是非、今後も活躍を見せてほしい!

 

いや~本当に、開幕からとんでもない展開だった…。

とにかく…おめでとうバルデ!

Embed from Getty Images