初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介 Vol.3】パスカル・アッカーマン

屈強なジャーマン・スプリンターの系譜

Embed from Getty Images

選手名:パスカル・アッカーマン(Pascal Ackermann)

所属チーム:ボーラ・ハンスグローエ

国籍:ドイツ

生年月日:1994年1月17日

脚質:スプリンター

 

主な戦歴

ジロ・デ・イタリア

 ポイント賞(2019)、ステージ2勝(2019)

・ドイツ選手権 個人ロードレース

 優勝(2018)

・ツール・ド・ポローニュ

 通算ステージ4勝(2018 × 2、2019 × 2)

・エシュボルン=フランクフルト

 優勝(2019)

 

どんな選手?

大柄な体格を活かした力強い走りが魅力の正統派スプリンター。

 

近年のドイツからはアンドレ・グライペルマルセル・キッテルといったトップクラスのスプリンターが輩出されているが、その系譜に連なるパワー溢れるスプリントが最大の魅力。

背丈がものすごく高いわけではないが、鍛えられたその屈強な肉体は集団走行中でもとても目を引き、ゴール前のスプリントでは圧倒的な迫力でフィニッシュへと向かっていく。

 

2018年にワールドツアーで6勝を挙げ、更にはドイツ選手権を制して一躍その名を轟かせる。

そして2019年、地元ドイツでのエシュボルン=フランクフルトで勝利し好調をアピールし、満を持して臨んだジロ・デ・イタリア2019。

初めてのグランツール(三大ステージレース)出場にも関わらず、ステージ2勝に加え、そのレースで最高のスプリンターの証ともいえるポイント賞まで獲得する大活躍を見せる。

その後も順調に勝利を積み重ね、2019年は年間13勝を挙げ勝利数ランキング堂々の2位タイをマーク。

トップスプリンターの一人として認識されるまでになった。

 

そんな彼が大活躍したジロ・デ・イタリアの直前、同郷ドイツの偉大な先輩マルセル・キッテルが不振などを理由に休養を宣言し、残念ながら結局そのまま8月に引退を発表。

奇しくもキッテル引退と入れ替わるように大躍進を遂げてトップスプリンターとなったアッカーマン

地元ドイツのチームであるボーラ・ハンスグローエに所属している彼には、偉大な先輩たちと同様な輝かしい未来を期待してしまう。

今シーズンも大迫力のスプリントと、ポディウム(表彰台)でのはじけるような笑顔をたくさん見せてくれ!

Embed from Getty Images