初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.6】フィリップ・ジルベール

偉業に挑むアルデンヌの皇帝

Embed from Getty Images

選手名:フィリップ・ジルベール(Philippe Gilbert)

所属チーム:ロット・スーダル

国籍:ベルギー

生年月日:1982年7月5日

脚質:パンチャー

 

主な戦歴

世界選手権 個人ロードレース

 優勝(2012)

ジロ・ディ・ロンバルディア

 優勝(2009、2010)

リエージュ~バストーニュ~リエージュ

 優勝(2011)

ロンド・ファン・フラーンデレン

 優勝(2017)

・パリ~ルーベ

 優勝(2019)

ツール・ド・フランス

 ステージ1勝(2011)

ジロ・デ・イタリア

 通算ステージ3勝(2009、2015 × 2)

ブエルタ・ア・エスパーニャ

 通算ステージ7勝(2010 × 2、2012 × 2、2013、2019 × 2)

 

どんな選手?

「モニュメント」完全制覇まであと1勝と迫った、圧倒的なアタック力を誇る稀代のクラシックスペシャリスト。

 

※「クラシック」「モニュメント」については、こちらの「ワンデーレース」の用語解説ページをご覧下さい

www.kiwaroadrace.com

2003年にプロデビュー、2006年・2008年のオムループ・ヘット・フォルク(現オムループ・ヘット・ニウスブラッド)やパリ~ツール2008優勝など若いうちからワンデーレースで結果を残すが、本格化するのは2009年にサイレンス・ロット(現ロット・スーダル)に移籍してから

移籍した2009年、10/8のコッパ・サバティーニ、10/11のパリ~ツール、10/15のジロ・デル・ピエモンテ、10/17のジロ・ディ・ロンバルディア(1つ目のモニュメント制覇)と、10日間でワンデーレース4連勝というとてつもないリザルトを残し、ワンデーレーサーとして完全に覚醒。

2011年には、4/13のブラバンツ・パイル、4/17のアムステルゴールドレース、4/20のフレッシュ・ワロンヌ、4/24のリエージュ~バストーニュ~リエージュ(2つ目のモニュメント制覇)と、今度は12日間で4連勝を達成。

特に、アムステルゴールドレースフレッシュ・ワロンヌリエージュ~バストーニュ~リエージュの3レースは、アルデンヌ地方特有の細かな起伏に富んだワンデーレースの中でも格式のあるものとして「アルデンヌ・クラシック」と呼ばれており、同一年での全制覇は史上2人目の快挙だった(因みに、アムステルゴールドレースは2010に続く連覇で、これも史上2人目の快挙)。

これ以降もアルデンヌ地方のレースでは絶対的な支配力を誇り、「アルデンヌの皇帝」と称されるようになる。

この年は他にもベルギー選手権ロード・個人タイムトライアル優勝やツール・ド・フランスでのステージ優勝など年間18勝と勝利を稼ぎまくり、UCIワールドツアー個人総合優勝を果たし名実ともにトップレーサーと目される存在となる。

しかし2012年に移籍したBCMチーム(現CCCチーム)では、その年に世界選手権の個人ロードレースで優勝を果たすなどの結果は残すものの、5年間の在籍で23勝と移籍前(3年間で31勝)と比べて勝利数は明らかに減ってしまった(それでも充分勝っている数字ではあるが)。

 

そんな中、2017年にはクイックステップ・フロアーズ(現ドゥクーニンク・クイックステップ)に移籍。

クイックステップはコンスタントに年間50勝以上を挙げ、2014~2019の6年連続年間最多勝に輝いている強豪チームだが、2014~2016の勝利の内訳はスプリントに偏っており春のクラシックではなかなか勝てない状況が続いていた(ジルベール移籍前3年間ではなんと1勝のみ)。

そんなチーム状況に対してクラシックのエースであるジルベールは、エースでの勝利を盲目的に狙うのではなく、状況に応じて勝ちを狙える選手で勝負に行く柔軟なレース運びをチームに浸透させていく

集団で狩りを行う狼の群れに例えられ「ウルフパック」と名付けられたこの戦術は従来のセオリーとはかけ離れながらも、実力のある選手の多いクイックステップの戦力と見事に合致し、結果としてクイックステップ2018年に年間73勝(現行のUCIワールドツアー制度が始まった2010年以降では最多)という圧巻の勝利数を記録する(2019年も68勝)。

その中心には、時にはその実績が故に強烈に目を引く囮として、またある時は未だ衰えぬ爆発力を活かして勝利を飾るジルベールの姿があった。

 

チームの好調の波にも乗り、2017年にはロンド・ファン・フラーンデレン、2019にはパリ~ルーベと、モニュメント制覇を4つにまで伸ばしたジルベール

キャリアの序盤では自身の脚質に合った起伏のあるモニュメント2つを制覇、終盤に入り今度は石畳への適正が問われる2つの難関モニュメントも制覇。

最後に残ったのはまた違った脚質が求められるミラノ~サンレモ(「スプリンターズ・クラシック」とも呼ばれ、スプリント力のある選手が有利と言われる)。

もし勝利すれば史上4人目のモニュメント完全制覇達成となる、正に偉業である。

そんな偉業への挑戦を前に、ジルベールは2020年シーズンから古巣であるロット・スーダルへの復帰を決断。

現在37歳のジルベールに対してロットが結んだ契約は、年齢を考えれば異例の3年という長期契約

歴戦の経験を古巣へ還元しつつ、自身は偉業達成を目標に走り続ける、そんなレジェンドの姿を少なくともあと3年も見る事ができるのは何と幸せな事だろうか。

ぜひとも偉業達成の瞬間を見てみたいと、多くのファンが願っているはずだ。

Embed from Getty Images

 

※2020年3/19現在、コロナウィルス感染拡大の影響で3月・4月の全レース(もちろんミラノ~サンレモも含む)の中止・延期が決定。

UCIは2020年シーズンの終了日を2週間延ばし、延期になったレースのスケジュール再編をグランツールとモニュメントを最優先として検討中との事。

何とか調整が付き、ミラノ~サンレモを含むモニュメントが無事に開催される事を祈っています。