初心者ロードレース観戦日和

初心者でもいいじゃない!ロードレース観戦を楽しもう!

【選手紹介Vol.8】プリモシュ・ログリッチ

進化を続ける元スキージャンパー

Embed from Getty Images

選手名:プリモシュ・ログリッチ(Primož Roglič)

所属チーム:チーム・ユンボ・ヴィスマ

国籍:スロベニア

生年月日:1989年10月29日

脚質:タイムトライアルスペシャリスト・オールラウンダー

 

主な戦歴

ブエルタ・ア・エスパーニャ

 総合優勝(2019)、ステージ1勝(2019)

ジロ・デ・イタリア

 総合3位(2019)、ステージ通算3勝(2016 × 1、2019 × 2)

ツール・ド・フランス

 総合4位(2018)、ステージ通算2勝(2017,2018)

・世界選手権 個人タイムトライアル

 準優勝(2017)

ツール・ド・ロマンディ

 総合優勝(2018、2019)

・ティレーノ・アドリアティコ

 総合優勝(2019)

UAEツアー

 総合優勝(2019)

 

どんな選手?

元スキージャンプ選手という異色の経歴ながら、抜群のタイムトライアル能力を誇るオールラウンダー。

 

元々はスキージャンプ選手として活動をしていて、2007年にはジュニア世界選手権で団体優勝を果たしているが2012年にロードレースに転向、わずか4年後の2016年にはワールドチームのチーム・ロット・NLユンボ(現チーム・ユンボ・ヴィスマ)と契約する。

 

グランツール(3大ステージレース)初出場となったジロ・デ・イタリア2016の2つの個人タイムトライアルステージで2位(第1ステージ)、1位(第9ステージ)と立て続けに好成績を残し、その異色の経歴も含めてタイムトライアルスペシャリストとして脚光を浴びる。

2017年には得意のタイムトライアルで世界選手権準優勝の結果を残すだけでなく、ブエルタ・アン・アルガルヴェ総合優勝にツール・ド・ロマンディ総合3位、更にはツール・ド・フランスでステージ優勝と、タイムトライアル以外でも活躍を見せ始める。

2018年もイツリア・バスク・カントリーとツール・ド・ロマンディという2つのワールドツアーのステージレースで総合優勝し、更にはツール・ド・フランスで総合4位の好成績を残した事でステージレーサーとしてもトップクラスの実力を有すると証明。

 

そして、満を持してグランツール制覇に挑んだ2019年、まず狙ったのはジロ・デ・イタリア

ジロの前に出場した3つのステージレース全てで総合優勝(しかも3つともワールドツアー)という圧巻の成績を残していたため優勝候補の筆頭として挙げられ、中盤までは2つのタイムトライアルステージで勝利するなど期待通りの走りを見せたが、終盤には自身の体調不良と若手中心のアシスト陣の不調が重なってしまい総合3位に終わる。

 

ジロ終了後は第1子が産まれたこともありスロバキア選手権を除くレースを回避し、十分な休養と調整を経てブエルタ・ア・エスパーニャで再度グランツールに挑戦。

そこで見せたのは、得意のタイムトライアルステージで優勝するだけではなく、山岳ステージでも他の強力なライバルたちを蹴散らし総合優勝を果たすという、王者の風格漂う圧倒的な走り。

ナイロ・キンタナ(当時モビスター)やミゲル・アンヘル・ロペス(アスタナ)といった当代きってのピュアクライマーと山岳で正面から渡り合うどころか打ち負かす程の登坂力を身につけながら、得意のタイムトライアルでさらに突き放すそのスタイルは、彼がタイムトライアルスペシャリストからオールラウンダーへと進化したことを示すものだった。

 

グリッチの所属するチーム・ユンボ・ヴィスマはツール・ド・フランス2020に向けて、2019年12月という異例のタイミングでツール出場メンバーを発表。

昨年3勝を稼いだスプリントは全く狙わないメンバー構成となっていて、ログリッチが総合ダブルエースの一角として名を連ねている(もう1人のエースはトム・デュムラン)。

低迷期を乗り越え近年大躍進を遂げているユンボが、2020年は本気でツールの総合優勝を狙いに行く

その中心には、チームの躍進と共に進化を続けてきた、最早「元スキージャンパー」という肩書のいらない世界トップレベルの総合系ライダーへと進化したログリッチがいる。

Embed from Getty Images